« 「機動戦士ガンダムUC 6」到着 | メイン | 新種のエビか・・・ »

2013年3月23日

安心の特亜クオリティ

中国の大連とハルピンを繋ぐ高速鉄道で手抜き工事が発覚し、夏期に行われるはずだった時速300キロによる高速運行が延期される模様。

手抜き工事が発覚したのはコンクリートだそうで、寒い地域では凍結膨張を防ぐために水分量が重要となりますが、手抜き工事されたコンクリで高速運行した日には、またあの大惨事が起きかねませんしね。

ちなみに中国は手抜きでしたが、韓国は漢字を捨てたため高速鉄道の枕木のコンクリの凍結膨張を防ぐための仕様書が全てハングル文字となり、ハングルでは「吸水」と「防水」が同じ文字なのに、どちらなのかを確認せずに「ケンチャナヨ!」と工事を行い高速鉄道の15万個の枕木が不良品だったという、実にかの国らしいポカをやらかしていて、宗主国も属国もやっていることは同じで、これぞまさに特亜クオリティ。

ハルビン・大連間高速鉄道、手抜き工事で高速運行延期か―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=70592

投稿者 kenji : 2013年3月23日 21:35


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4330

コメント

コメントしてください




保存しますか?