« 相変わらず事故が多いな | メイン | 花火が二つに? »

2012年11月24日

着艦できても・・・

マカオの民間企業がロシアから海上カジノにするために購入するも、何時の間にか中国海軍の空母に改装されていた航空母艦ヴァリャーグですが、艦載機「殲15」の着艦に成功したと中国紙が報じた模様。

着艦できたのはいいのだけど、ロシアの空母には米国の空母のようにカタパルトは付いていないのですが、いったいどうやって着艦した艦載機を飛ばすのか?

空母の動力がロシア時代と同じ仕様なら速力が十分に出るので艦載機を飛ばすことが可能ですが、ロシアから購入したのは中身を全て取り外された船体だけで、中国では空母のエンジンを開発することができずにディーゼルエンジンが搭載されているらしく20ノットしか速力がでないそうで、これでは艦載機を飛ばそうとしたら墜落すること間違い無しなのですが・・・。

というか、あれだけ海外から馬鹿にされていたのだから面子を気にする中国なら本当に着艦できたら動画を流すと思うのですが、それも流さないとなると今回の着艦成功の記事も怪しい?

空母艦載機、着艦に初成功=運用能力向上へ-中国
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012112300336

投稿者 kenji : 2012年11月24日 07:51


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4129

コメント

コメントしてください




保存しますか?