« 「理想のヒモ生活 1」読了 | メイン | こまけぇこたぁ気にするな »

2012年10月29日

あの時大騒ぎになったミサイルか

韓国軍が配備しているパトリオットミサイル(PAC-2)の弾道弾迎撃成功率が40%以下であることが判明し、最新型のPAC-3か自主開発する必要があるという意見が出るも、PAC-2の配備が終わったばかりなのに金の無駄遣いになるといった反対意見も出て揉めている模様。

記事を読んでいて、そういえば韓国のPAC-2ってドイツから購入した中古品で、ドイツから船便で運ぶときに手続きがケンチャナヨ過ぎて書類が適当で、何処かの国の港に寄った時に税関がミサイルを発見して船の行き先が朝鮮半島だったこともあり大騒ぎになったという懐かしい事件がありました。

ちなみに、北朝鮮が韓国を攻撃するのにPAC-2で遊撃するような弾道ミサイルなんて使わなくても、国境付近からの砲撃だけで首都のソウルを火の海にできるので、中国や日本と事を構える気でないのならPAC-3なんて無用の長物だと思うのですが、プライドばかり高いかの国では日本がPAC-3を配備しているなら誇り高いウリナラもPAC-3かそれよりも性能が良いミサイルを配備しなくてはと考えちゃうんでしょうね。

韓国軍のPAC-2迎撃率40%以下...北の攻撃防ぐのは難しく(1)
http://japanese.joins.com/article/121/162121.html

投稿者 kenji : 2012年10月29日 12:24


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4077

コメント

コメントしてください




保存しますか?