« 中国高速鉄道、遂に死亡事故発生 | メイン | 落雷で止まったのは最新型でした »

2011年7月24日

事故は無かったアル

ダイヤでは後発のはずの列車に後ろから追突し、脱線した車両が川に転落するという大事故を起こした中国の高速鉄道ですが、事故現場で大量のユンボを使い穴を掘り転落した車両を埋める作業が行われていて、それを撮影した写真がネット上にアップされて話題になっている模様。

普通の国なら事故車両は全て回収されて調査が行われると思うのですが、何故か中国では車両が落下した直ぐ横に大きな穴を掘り、そこへ事故車両を埋めているみたいで、これはもしかして証拠隠滅というか明日には事故が無かったことになっているのかも?

拍客:杭深线事故列车残骸被就地掩埋-20110724凤凰视频-凤凰视频-最具媒体价值的综合视频门户-凤凰网
http://v.ifeng.com/news/paike/201107/61543c00-92e5-4128-9710-afeed5424319.shtml

投稿者 kenji : 2011年7月24日 15:07


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3398

コメント

コメントしてください




保存しますか?