« 事故は無かったアル | メイン | 中国すげー »

2011年7月24日

落雷で止まったのは最新型でした

中国の高速鉄道の大事故で落雷で止まっていた列車はボンバルディア製と報じられていましたが、実は最新型のパクリ新幹線である可能性が高いことが判明した模様。

事故現場では大量のユンボで穴を掘りそこへ事故車両を埋める作業が行われていますが、どうやら最新型の新幹線が事故を起こしたことを隠すために事故車両を埋めている。という説が濃厚らしいです。

まあ確かにダイヤでは先を走っているはずの列車に追突されるという信じがたい事故に加え、実は落雷で止まったのがアレだけ見栄を張っていた最新型の新幹線だと分かったら中共のメンツ丸つぶれなのは分かりますが、埋めて証拠隠滅とは凄すぎる。

--追記--
最新型ではないかと言われているのは落雷で止まった方ではなく、追突した方だったみたいです。

事故再発のリスクも=運行システムに重大な欠陥-中国高速鉄道
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2011072400067

投稿者 kenji : 2011年7月24日 15:27


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3399

コメント

コメントしてください




保存しますか?