« 地獄の一丁目、コリア88 | メイン | 流石コリア88 »

2010年7月26日

またかの国の人柄みか

国際組織「児童の権利委員会」が、日本の歴史教科書について「日本の解釈のみを反映している」などと批判し、日本側に是正を勧告してきている模様。

ちなみに「児童の権利委員会」は国連の枠組み内で活動している組織で、トップは鄭鎮星と2007年に慰安婦関連の記者会見で大恥をかいた反日教授です。

というか、日本の教科書は複数ある中から選択できるけど、韓国なんて洗脳教育するために国が指定した国定教科書のみで、ウリナラファンタジー満載なんだから、まずはそっちを直せと。

しかし、国連事務総長が韓国人となってからやりたい放題しているみたいで、そんなことばかりしているから国連の不正を調査する国連内部監査部のトップが、事務総長を批判する50ページにもなる文章を叩きつけたんでしょうね。

国際組織「日本は自国解釈のみ反映」 歴史教科書"一方的"勧告
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100725/edc1007250948000-n1.htm

投稿者 kenji : 2010年7月26日 06:25


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/2782

コメント

コメントしてください




保存しますか?