« (ノ∀`)アチャー | メイン | こんなことばかりするから・・・ »

2013年5月10日

節子、それ日本刀やない

韓国の国会議事堂に13年間設置されていた李舜臣将軍の銅像が、日本式の刀を持ち中国式の甲冑を着ているというイチャモンを付けられて撤去される模様。

写真を見れば分かりますが、銅像が持っている剣は確かにさやに収まった日本刀っぽくは見えるけどコレじゃない感が漂っているし、あの当時朝鮮は中国の属国だったのだから中国式の鎧を着ているのは当たり前なのに、いったい韓国は何と戦っているんだ?

ちなみにかの国は日本刀やサムライの起源も主張しているのだから、日本刀っぽい剣を持っていてもいいんじゃないの?

そしてかの国に文化財が残っていないのは、彼らが言う「秀吉や日帝がウリナラの文化に嫉妬して破壊し尽くした」からではなく、こうやって感情的になんでもかんでも破壊するのが原因なんですよね。

日本刀と中国式甲冑、国会議事堂の李舜臣銅像を撤去へ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/10/2013051000928.html

投稿者 kenji : 2013年5月10日 12:37


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4425

コメント

コメントしてください




保存しますか?