« いつもの様式美 | メイン | 節子、それ日本刀やない »

2013年5月 9日

(ノ∀`)アチャー

そこに資源が有ると分かったらあの手この手を使って手に入れてきた中国ですが、沖縄の周辺海域に地下資源があると分かった途端に「尖閣諸島は古来から中国のものアル!」と言い出して、ついには「沖縄も古来から中国領アル!」と言い出しましたが、1964年に毛沢東が沖縄に関して「当然日本に返還されるべきだ」という談話を作り、各地の大使館に電報で送って外交官に指示を徹底させていたことが判明した模様。

偉大な指導者である毛沢東のこの談話を無かったことにするのか、それとも誰も思いつかないような斜め上の発想を見せてくれるのか、中国のこれからの行動を生暖かく見守りましょう。

「沖縄は日本帰属」と電報=毛主席意向、大使館に徹底-64年外交文書で判明・中国
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013050900614

投稿者 kenji : 2013年5月 9日 17:15


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4424

コメント

コメントしてください




保存しますか?