« ぬるま湯すぎ | メイン | 世紀の大発見ktkr »

2013年2月14日

アイヤー

自民党の石破幹事長が北朝鮮の核実験に関連して、自衛隊が敵基地を攻撃する能力は合憲で、どのような場合に認められるか検討すべきという考えを述べた模様。

衆議院予算委員会でも安倍首相は「現時点では、敵基地攻撃能力を保有することは考えていないが、国際情勢がどんどん変化しているので、国民の生命と財産を守るために何をすべきかという観点から、常に検討を行っていくべきだ」と、検討を進めていくべきという考えを示しています。

そんな日本の動きに中国共産党機関紙は「日本がこの機に乗じて軍備を増強しかねない」と日本を牽制しているので、指令を受けた人民日報沖縄支局や東京支局が「軍靴が~」と騒ぎ出すか?

ちなみに巡航ミサイルは先制攻撃に使われるものなので専守防衛に反するということで自衛隊は長距離の対地ミサイルを持っていませんが、2009年に自民党が巡航ミサイルの導入と対艦弾道ミサイルの研究開発を要求するも政権が民主党に変わったためスルーされちゃったのがまた復活するのかな?

日本の周りには変な国が多いので、とりあえず米国からトマホークを購入し、同時に国産巡航ミサイルの開発を進めるのがベストですよね。

中国紙「日本が軍備増強しかねない」と牽制
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130213/kor13021316560018-n1.htm

石破氏"自衛のための敵基地攻撃は合憲"
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130213/k10015499281000.html

首相「敵基地攻撃能力」検討も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130212/k10015465851000.html

投稿者 kenji : 2013年2月14日 10:31


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4265

コメント

コメントしてください




保存しますか?