« スパイじゃなくてベンチマークニダ! | メイン | 国際学校にも民族教育を »

2012年10月20日

盗人猛々しい

韓国の大手繊維・化学企業コーロンがスパイを使って米国の化学大手デュポンから企業機密を盗んだなどとして、米司法省がコーロンに対して2億2500万ドル(約180億円)の罰金を求めた件に対してコーロンが、「極めて遺憾だ。厳しく対応していく」と反発している模様。

コーロンは、30年以上にわたり独自技術の開発に努めてきた会社の名誉を傷つけ、世界市場で公正に競争する権利を奪うことだと米司法省を批判しているそうですが、他社の特許や技術をパクりまくっている韓国の企業が言っても説得力が無いというか、正に盗人猛々しいを地で行ってます。

奴らはパクることが悪いと思っていないので、裁判でボロ負けして自分達が何をしたのか理解させないとダメですね。

韓国繊維大手コーロン 米検察の起訴に強く反発
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/10/19/0200000000AJP20121019003300882.HTML

米司法省、韓国企業摘発 帝人など標的に産業スパイ
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121019/kor12101912460001-n1.htm

投稿者 kenji : 2012年10月20日 20:40


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4062

コメント

コメントしてください




保存しますか?