« パクリの手口が凄すぎる | メイン | ノーベル症に感染したか・・・ »

2012年10月 9日

なんというお約束の展開

インドネシアの少数民族チアチア族に「韓国政府が色々と支援するからハングル文字を使うニダ!」とハングル文字を押し付けていましたが、夜逃げ当然で支援団体が撤退した模様。

ちなみにチアチア族へのハングルの押し付けはインドネシア政府も問題視していたのですが、とりあえずこれでインドネシア政府も一安心ですかね。

そしてこのニュースが報じられた今日、今度はオーストラリア北東部のソロモン諸島の二つの州にハングル文字を押し付けるそうで、この記事では「チアチア族に続いて2番目のハングル導入で誇らしいニダ!」とホルホルしているようですが、こっちもインドネシアのように現地の教育を引っ掻き回して夜逃げするというオチにならなけばいいのですが・・・。

突然支援を絶たれたチアチア族のハングル教育
http://japanese.joins.com/article/922/160922.html

投稿者 kenji : 2012年10月 9日 16:29


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4042

コメント

コメントしてください




保存しますか?