« 鏡を見ろと | メイン | 福沢諭吉は凄かった »

2012年9月29日

「とある飛空士への夜想曲」読了

上下巻とも発売に買っていましたが、「恋歌」の終わり方にがっかりして積んじゃっていた「とある飛空士への夜想曲」の上下巻を読了。

「追憶」以上の傑作と評判が滅茶苦茶良い「夜想曲」ですが、読み始めたら止まらずに上下巻一気読みしちゃいました。

そして私のように「追憶」を呼んでいて「夜想曲」を未読の人は、この作品は読まなきゃ絶対に損!

「追憶」を読んでいなくても十分に楽しめる内容ですが、「追憶」の登場人物の逆の視点から書かれた物語なので、「追憶」を読んでおくと更に楽しめるので、両作品を未読の場合は3冊同時に購入すると更に幸せに。

そして残念なのが「追憶」の映画が大ゴケしたことにより、「夜想曲」の映像化はあり得ないということで、この噂が本当なのかはわかりませんが映画に関わる上層スタッフが原作未読で作ったってマジなのか?

投稿者 kenji : 2012年9月29日 23:02


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4027

コメント

コメントしてください




保存しますか?