« 今年も大停電クル? | メイン | オリンピックでゴネるなよ »

2012年7月30日

予想通り原因はケンチャナヨでした

先日、韓国が誇る高速鉄道KTXがトンネル内で故障し、猛暑の中エアコンも効かない車内に乗客が1時間近く閉じ込められる事故がありましたが、どうせ原因はケンチャナヨでしょ? と思っていたら、やはりそうだった模様。

列車が止まった原因はモーターの冷却装置の故障なのですが、なんとこの故障を駅を出発して10分後に把握していたにも関わらず、予備の冷却装置があるからケンチャナヨ! とそのまま運行し、この予備の冷却装置も故障したため列車が止まってしまったと。

始業前点検でバッテリーのチェックも行わないような国なので、恐らく予備の冷却装置も「予備なんて使う事は無いでしょ」と、普段から点検なんてされてなかったのでしょうね。

KTX:トンネル内立ち往生、軽視できない二つの問題点
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/30/2012073001291.html

投稿者 kenji : 2012年7月30日 20:55


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3904

コメント

コメントしてください




保存しますか?