« FBIがDNSサーバーを落とす? | メイン | 米軍無双ktkr »

2012年7月10日

またOINKか

日本の居酒屋「笑笑」をパクった韓国の日本式居酒屋チェーン「WARAWARA」が、日本の本家「笑笑」に対して商標権を登録させろと求めた訴訟で、特許審判院は原告敗訴とパクリ側の主張は退かされましたが、なんと大法院が審理を差し戻す決定をした模様。

その理由がパクリ側の「WARAWARA」は商標出願する2007年まで韓国で認知度を得ていたが「笑笑」なんて認知されていないからだそうで、「WARAWARA」は不正な目的で商標を使用していたわけではないとのこと。

日本人からしてみると、どう考えても「WARAWARA」は日本の居酒屋チェーンっぽく見せかけたパクリ以外に考えられないのですが、かの国は法が治める法治国家ではなく感情が全てを決める情治国家で、こういった事ばかりしているから海外でOINK(ONLY in KOREA)なんて言葉が生まれるんですよね。

そして今回の相手は憎き日本企業ということで、法よりも情が優先されるのは当たり前ということなのでしょう。

「笑笑」商標訴訟 韓国チェーンの敗訴覆す=大法院
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2012/07/09/0400000000AJP20120709003400882.HTML

投稿者 kenji : 2012年7月10日 07:04


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3858

コメント

コメントしてください




保存しますか?