« ファビョンは米国では通用せず? | メイン | 撤退の可能性も »

2012年6月14日

今日もかの国は平常運転

放火により消失した韓国の崇礼門の復元工事が行われていて、その工事内容がケンチャナヨすぎて色々と問題が出ていましたが、今度は日本製の接着剤が使われていることが判明して騒動になっている模様。

文化財庁は「品質のよい日本製の接着剤の使用は仕方ないこと」と説明しているそうですが、ポストが赤いのも空が青いのも日本が悪いと思っているかの国の国宝に、憎き日本製の接着剤が使われることは絶対に許せないってことなのでしょうね。

日本人にしてみたら「どうでもいいじゃん・・・」と思えることでですが、かの国にしてみたらこれは大問題みたいで、本当にネタが尽きない国だな。

韓国の国宝の復元作業で、日本製の接着剤が使用され問題に
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0614&f=national_0614_052.shtml

投稿者 kenji : 2012年6月14日 15:46


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3818

コメント

コメントしてください




保存しますか?