« 真相は何なんだ? | メイン | 祖国から見捨てられるか? »

2011年12月24日

ドキュメンタリーも捏造しろと?

韓国のMBCが創社50周年として放送したドキュメンタリー番組「南極の涙」で、日本の旭日旗が映ったことにファビョーンした人達の批判が殺到している模様。

番組内の「日本は敗戦の痛手の中で、新たなる希望を探してアジアでは最初に南極に進出した」という解説にも批判が殺到しているそうですが、もしかしてアジア初の南極進出は韓国でなくてはいけないはずなので自尊心が傷ついたってこと?

批判に対してMBCはホームページで「ドキュメンタリーは事実を記録する番組」だと述べているそうですが、韓国では歴史や記録はコリエイトするのが常識となっているので、この言い訳は通じないかもしれませんね。

ちなみにMBCは、「日本が旭日旗が掲げられた軍艦を南極に送ったことは、歴史的にも顕在的にも事実だ」とも述べているそうですが、初代南極観測船の宗谷は確かに旧帝国海軍の特務艦でしたが、南極へ向かった時は海上保安庁の巡視船だったのでこの表現は間違いでは?

韓国のドキュメンタリー番組、旭日旗の映像に抗議殺到=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1224&f=national_1224_118.shtml

投稿者 kenji : 2011年12月24日 19:05


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3607

コメント

コメントしてください




保存しますか?