« 「恋物語」購入 | メイン | ヨルムンガンドが面白くなってきた »

2011年12月21日

「恋物語」読了

物語シリーズセカンドシーズン最終巻の「恋物語」を読了。

カバーに「100パーセント悪趣味で書かれた小説です」と書いてあり、読み始めた途端に語り部が「え~? お前かよ」と誰もが思う人物でしたが、正にこの人物ではなくては語れなかったひたぎの恋の物語りで、ちょっと戯言シリーズっぽい感じもしましたが滅茶苦茶面白かったです。

しかし、最初にタイトルを聞いた時「デレたひたぎの甘い物語?」と思ったら、「囮物語」のあの終わり方で「オールキャスト勢ぞろいのバトル物?」と思い、蓋を開けてみたら意外な人物の本当の顔が分かったと言うか、実は凄く良い人すぎて「お前そんなキャラだったのかよ」と突っ込んだ人は多いのでは?

とりあえず終盤で真のラスボスに操られた人物にやられてしまった語り部ですが、これで出番がお終いだったらちょっと可哀想過ぎ。

投稿者 kenji : 2011年12月21日 18:22


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3603

コメント

コメントしてください




保存しますか?