« あれれ? | メイン | エロは国境を超える »

2011年10月29日

嘘だと言ってよ、バーニィ

F1韓国GPの主催者が開催料金の値下げを要求するも、F1の支配者バーニー・エクレストンはこれに応じず、韓国GP打ち切りの可能性があることを認めた模様。

先日2回目のF1を開催した韓国ですが、今年も前年に問題となった宿泊施の問題は解消されず、観客やスタッフはサーキットから遠く離れたラブホテルに宿泊することになり、来年こそはまともな宿泊施設を整えてねと多くの海外メディアに言われています。

恐らく来年も観客やスタッフはラブホテルに泊まることは間違い無いと思っていたら、なんと資金難から開催料金の値下げを要求しているようで、このままでは来年の韓国GPは消滅する可能性が出てきたようですが、確かあれって2年契約ではないのでもし来年開催出来なかったら違約金の支払いが発生するのでは?

ちなみに世界ラリー選手権にも韓国の現代が参加していましたが全く勝てず、そのためスポンサーが居なくなり2003年のシーズン途中に違約金も支払わずにバックれている前科があるのですが、もしかしたらF1も違約金を支払わずにバックれる可能性が高い?

エクレストン、韓国GP打ち切りの可能性を認める
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=37274

2年目も宿泊環境は改善されず。韓国GPの将来に不安を覚えたモッポの夜
http://www.f1world.jp/race/2011_12.html

投稿者 kenji : 2011年10月29日 15:28


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3529

コメント

コメントしてください




保存しますか?