« 辞任会見じゃないのかよ | メイン | ロンドンでも韓流ブーム! »

2011年7月14日

ハングル秘宝館?

韓国の国立中央博物館内で、世界にハングルの優秀性をアピールするための「ハングル博物館」の着工式が開催された模様。

韓国をウオッチしているとよく「ハングは世界一優秀な言語」とかを見かけますが、何を根拠に世界一優秀としているのかはまったく書かれておらず、今回の記事もホルホルしているだけみたい?

ちなみに東亜板では「世界一有中なウリ達が使っている言語だから世界一優秀に決まっているニダ」と思っているのだろう、という結論が出ています。

医学会では同音異義語が多すぎて医療事故が発生するためハングルのみの表記はしていないし、先日発生したKTXの路線の枕木の工事ミスもハングルのみの表記だったため、同音異義語が理解できずに起ったミスで、例えるなら教科書や仕様書、新聞雑誌が全てローマ字で書かれているのと同じなんですが、日帝残滓ということで漢字教育が廃止されて若い世代が漢字を全く読めなくなったかの国ってまさに「僕の妹は漢字が読める」の中状態なんだな。

「ハングル博物館」着工式開く、2013年に開館
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/07/13/0200000000AJP20110713003100882.HTML

投稿者 kenji : 2011年7月14日 05:38


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3382

コメント

コメントしてください




保存しますか?