« ダメだこりゃ | メイン | えびの市で68例目見つかる... »

2010年5月11日

ポルナレフもビックリ

宮城県を訪れた赤松農相と農業関係者が宮崎市のホテルで意見交換を行い、関係者から様々な意見が出たようですが、赤松農相は「権限の問題ですべてを国がやれないのが宿命だが、大事なのはまず収めること。この難局は力を合わせてあたっていくしかない」と述べた模様。

『権限の問題』って何を言っているのか良く分かりませんが、家畜伝染病予防法の第三条の二よると


と、県知事や市町村長へ指示するための指標を作成する農林水産大臣が、権限の問題云々と言うなんてなんか違う気が。

東国原知事は口蹄疫擬似感染が確認された4/19に農林水産省へ報告済みで、被害が拡大したことから26、27日と農林水産省を訪れて東国原知事や農協関係者と赤松大臣は会談し、口蹄疫のヤバさは伝わったと思うのですが、4/30に鳩山首相と一緒に受ける予定だった自民党口蹄疫対策本部からの申し入れをキャンセルして外遊へ出発し今に至ると。

どう考えても初動の遅れが被害を広めたとしか思えないのですが、権限の問題云々で関係者は納得するんですかね?

農家、再建支援を要請
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20100510-OYT8T01018.htm

家畜伝染病予防法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO166.html

投稿者 kenji : 2010年5月11日 11:11


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/2592

コメント

コメントしてください




保存しますか?