« ダラダラと | メイン | 今年のサンタは三人か »

2014年12月 8日

「皇国の守護者7」読了

新書版は持っているけど書き下ろしの短編が収録されている事があるので、刊行以来買い続けている「皇国の守護者」の文庫版ですが、最新刊の「7巻 愛国者どもの宴」を読了。

本編の方は何回読んだか分からないほど読んでいますが、改めて読み返してみるとやはり面白く、あっという間に読み終えて、書き下ろしの「新城直衛最初の戦闘」へ。

7巻の書き下ろし短編は、本編の中で少しだけ触れられていた新城の初陣である匪賊退治のエピソードで、皇国の守護者のファンならこの50ページ弱の短編のためだけに7巻を購入しても後悔しない内容だと思います。

というか滅茶苦茶面白かったです。

そして来年2月に8巻が発売予定で9巻がラストとなりますが、文庫版9巻の発売と同時に新書版の10巻が発売されないかな~。


皇国の守護者 7 愛国者どもの宴

著:佐藤大輔

投稿者 kenji : 2014年12月 8日 21:55


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/5129

コメント

コメントしてください




保存しますか?