« 人は大丈夫? | メイン | ムラムラしてやった? »

2013年4月18日

なんという情治国家

韓国では日本が併合していた時代に要職に就き財を成した人達を『親日派』と呼び、その財産は国が没収する権利があるニダ! という、事後に定めた法によって当時合法だった行いを罰する事を禁じるという大原則を無視した『親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法』という法律が有りますが、その法律で財産が没収されることになった人が起こしていた訴訟で原告敗訴が確定した模様。

韓国は法が治める法治国家ではなく、法よりも感情が優先される情治国家と冗談で言われていますが、冗談ではなくマジで法律よりも感情の方が優先されちゃっていて、そんな国だから対馬の寺から盗まれた文化財を国際協約を無視して返却しなくていいとか裁判所が言い出すんですよね。

法律に関わっている人間ならこの親日法が間違った法律であることは理解しているはずですが、その間違いを指摘した瞬間に自分が魔女になり袋叩きに有ってしまうため、誰もその間違いを指摘できないんだろうな。

「親日派」土地没収決定取り消し訴訟 原告敗訴確定=韓国
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/04/17/0200000000AJP20130417003600882.HTML

法の不遡及 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%8D%E9%81%A1%E5%8F%8A

投稿者 kenji : 2013年4月18日 06:44


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/4383

コメント

コメントしてください




保存しますか?