« ラノベ作家さんの年度別刊行数 | メイン | ラノベ系絵師さんの年度別刊行数 »

2012年8月29日

「"末摘花" ヒカルが地球にいたころ」読了

「文学少女シリーズ」でお馴染みの野村美月の新シリーズ「ヒカルが地球にいたころ」の5巻目となる『"末摘花" ヒカルが地球にいたころ』を読了。

今回のお題は『末摘花』ということで、いったいどんな話になるんだ? とwktkしながら読み始めましたが、元ネタとなる『末摘花』の設定を上手く活かしていて、今回も滅茶苦茶楽しめました。

そしてもうこの作品のお約束となっている是光のフラグ立てですが、今までの巻でも「こいつ何時かフラグ立つんじゃね?」と思っていたとある人物のフラグが立ち、以下次号となりましたが、あんなことをサラっと言われたら誰でも惚れちゃいますよ。

あとがきや巻末の宣伝によると6巻目のタイトルは『朝顔』ということで、ついに朝ちゃんが天然ジゴロの是光に落とされてしまうのか? とても待ち遠しいですがwktkしながら待ちましょう。

投稿者 kenji : 2012年8月29日 22:08


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3974

コメント

コメントしてください




保存しますか?