« 気持ちは分かる | メイン | 攻撃激化の予感 »

2012年7月31日

今度はドイツの選手が餌食に

男子サッカースイス代表のミシェル・モルガネラ選手のFacebookが、韓国のネットユーザーの総攻撃を受け、それにブチ切れたモルガネラ選手がTwitterで韓国人を批判する呟きをして、それを韓国人が「人種差別だ!」と訴え、モルガネラ選手は代表から外されましたが、今度はフェンシングで韓国選手を負かしたドイツのハイデマン選手のFacebookが韓国人の攻撃を受けている模様。

記事によると700を超える批判が書き込まれているそうですが、選手個人に対する攻撃が有効だということをスイスの選手に対する攻撃で知ってしまったので、これは被害者がどんどん増えるのでは?

そして嫌韓の環が更に広がると・・・。

シン「アラーム鳴った」ハイデマンのフェイスブックを韓ネチズン占領 猛非難(韓国語サイト)
http://sports.news.naver.com/london2012/newsRead.nhn?oid=073&aid=0002158100

投稿者 kenji : 2012年7月31日 18:58


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3907

コメント

コメントしてください




保存しますか?