« 「メディアワークス文庫」7月新刊予約開始 | メイン | 大手アフィブログへの新たな制裁ktkr »

2012年7月19日

何という奇策

韓国で開催されている認定博の麗水国際博覧会ですが、入場者数が目標を大幅に下回っているため、韓国政府が1000ウォン(約69円)の深夜入場券を発行することを決めた模様。

この深夜入場券は午後9時から販売を開始するそうで、「国際館の天井を覆う長さ200メートル以上の超大型スクリーンで、五輪の主な試合を生中継で見ながら応援できる」が売りだそうですが、万博の展示は午後9時で終了して午後10時30分に閉場するとのことで、深夜券で入場しても万博施設の見学は不可。

ちなみに万博入場料が幾らかというと、成人の入場料が20万ウォン(約1万4千円)と超ボッタクリ価格で、今は円が強いので日本円だと1万4千円ですが現地の感覚だと2万円以上ですねコレ。

というか、いくら入場者数が少ないからといって、こんな奇策で数を増やして「入場者数が増えた!」と喜んでも意味が無いと思うのは日本人の感覚なのかな?

麗水エキスポ:1000ウォンの深夜入場券発行へ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/17/2012071701101.html

投稿者 kenji : 2012年7月19日 07:46


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3877

コメント

コメントしてください




保存しますか?