« 韓国も電力不足 | メイン | 気に食わないニダ! »

2012年6月 6日

大気観測するのはウィーン条約違反アル

6月5日は、環境保全に対する関心を高め啓発活動を図る日として制定された『世界環境デー』でしたが、中国の呉副環境保護相は「外国領事館が勝手に空気の質を観測し、インターネット上でデータを発表することは、駐在国の法律を守り、内政干渉してはならないとするウィーン外交関係条約、ウィーン領事関係条約の精神に反するものである」と述べた模様。

七色に輝く河川などに代表されるように、中国の環境汚染は凄いことになっていますが、大使館や領事館が大気観測をしたデータをインターネット上で公開するはウィーン領事関係条約の精神に反するとは、またすごい事を言い出しましたね。

確かに詳しく調べられると、「ただちにってレベルじゃねぇぞ!」といった値の放射線量とかばれちゃいますしね。

この事に関する中国のネットの反応がどんなだったのか凄く気になります。

中国政府「外国領事館は勝手に大気測定データを発表するな」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0605&f=national_0605_056.shtml

投稿者 kenji : 2012年6月 6日 14:28


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3808

コメント

コメントしてください




保存しますか?