« 遺体が無いって | メイン | 橋の路面が爆発 »

2011年7月26日

死者35名のカラクリ

どう考えても35名以上の死者が出ているとしか思えない中国の高速鉄道の大事故ですが、大紀元の報道で何故死者の数が35名から増えないのかのカラクリが説明されています。

大紀元の記事によると死者が36名以上になる事故が発生した場合、市の共産党委員会の書記が更迭される決まりがあるのが原因だそうで、河南省平頂山の炭鉱事故も35人死亡。重慶市の暴雨による死者も35人。雲南省の暴雨被害も死者35人と、中国の大事故の死者は必ず35名になるのだそうで、事故が起こった時から死者の数は35名から増えない事は決まっていたそうです。

<高速鉄道事故>「死者は35人どころではない」 中国政府、情報操作体質あらわに
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d31775.html

投稿者 kenji : 2011年7月26日 19:02


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3403

コメント

コメントしてください




保存しますか?