« あれだけ擦り寄っていたのに | メイン | 相変わらず酷いな »

2011年6月30日

「レイン」と「囮物語」読了

囮物語」の早売り目当てで行った本屋で「レイン〈9〉過去からの亡霊」を発見し、こっちの方が続きが気になったので「囮物語」よりも先に読み始めあっという間に読了したので「囮物語」を読み始めたら、こっちも面白くってあっという間に読了。

レインの方は特に大きな展開も無くこのまま終わるのかな~と思ったら、最後の最後で意表を突く新キャラ登場。というか、ここまでハイスペックな主人公に対抗するにはこういったキャラを出さないとやはりダメってことなのか?

この新キャラが物語にどのように絡むのか? というかあの組織に属しているので間違いなく姫様と会うことになると思うのですが、襲われた時に姫様がどのように反応するのかそっちが楽しみです。

んで「囮物語」ですがまさかの展開に驚いたというか、撫子がああいった位置づけのキャラになるとは正直ビックリしました。

とりあえずこれはネタバレになるので書けないというか、このシリーズのファンだったら絶対に読むべきで、コレを読んだら残りの二冊を読まずにはいられない内容となっていています。

というか、最終巻の「恋物語」ってタイトルからしてキャッキャウフフな内容かと思っていたら、これは全く違う内容になりそうというか、今巻を読む限りひたぎの性格って全然変わってないじゃん。

投稿者 kenji : 2011年6月30日 20:23


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3365

コメント

コメントしてください




保存しますか?