« 米国内のクラッカーの25%がFBIやCIAの手下に? | メイン | 何処かで見たと思ったら »

2011年6月 8日

鉄風4巻出てたのか

今月出ることは知っていたはず、というか昨日本屋をブラブラしたはずなのに見落としていたのか、アキバBlogの記事で発売済みを知った「鉄風 4巻」を地元の本屋で購入してイッキ読み。

この作品は連載誌がマイナーで作品自体も漫画好きな人以外にはあまり知られていないと思われますが、絶対にこれから注目されることは間違いのない作品なので、未読の人は読んでみてください。というか、マジで面白いので是非。

「退屈で退屈で死んでしまいそう」「物心付いた時から何でも出来た」「少ない情報でもスグにコツを掴み感覚で勝手に身体が動いてくれる」「でもそれは本当は『退屈』じゃない。『寂しさだ』」と1巻冒頭で呟いているように、どこか冷め切ってしまっている主人公の前に現れたブラジル帰りのゆず子に面白いようにあしらわれ、冷め切っていた心に火が点くも、この主人公は格闘漫画の主人公とは思えないほど性格が歪んでいて、そこがまた面白いというか、とにかく今まで居なかったタイプの主人公でそこがまたこの作品の面白さを底上げしているんですよね。

そして今巻で遂にその才能が開花し、同門であるキリが繰り返し繰り返し練習してきた長い時間をあざ笑うように圧倒的な技量でキリの関節技を切り返す夏生ですが、そこに芽生える今まで試合で感じたことのなかった「楽しさ」という違和感が、性格の歪んだこの主人公の成長にどのような変化をもたらすのか?

とりあえず5巻までまた半年くらい待つことになりそうですが、掲載誌が隔月だから仕方がない、というかイブニング辺りに移籍してほしいな。

投稿者 kenji : 2011年6月 8日 21:12


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3336

コメント

コメントしてください




保存しますか?