« 今度はナマズ | メイン | リアル北斗の拳 »

2007年5月29日

何時もの仕返しキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

中国に輸入された米国産のイカから基準値を超えるカドミウムが検出されたと煙台日報が報じた模様。

ちなみに、2006年にオランダで開催されたコーデックス委員会総会で合意された食品カドミウムの国際基準値案は、イカの場合は1キロあたり2.0ミリグラムで、米国産のイカから検出されたカドミウムは1キロあたり0.16ミリグラムと国際基準値はクリア。

しかし、なんと中国の安全基準は1キロあたり0.10ミリグラムと国際基準の1/20ですが、これって海洋汚染が凄い中国近海で獲れた海産物は全てアウトなのでは…。

というか、日本も化粧品や食品で、韓国もキムチで同様の報復をやられていましたが、あの基準値が何時決められたものなのかとても気になりますね。

【中国】米国から輸入の「イカ」、基準超えるカドミウム検出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000021-scn-cn

コーデックス委員会食品添加物・汚染物質部会での食品中のカドミウムの国際基準値検討結果について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0501-2.html

投稿者 kenji : 2007年5月29日 12:06


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1632

コメント

コメントしてください




保存しますか?