« 将軍様からの制裁キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !! | メイン | これを着ればヒーローに? »

2007年2月20日

OINK

1機120億円で導入された韓国空軍の最新鋭戦闘機F-15Kが、格納庫に移動する途中で車輪がマンホールに落ちて、翼を破損するという笑うに笑えない事故を起こした模様。

通常は格納庫まで表示されている黄色いラインに沿って移動するはずが、これを無視して移動させるというケンチャナヨな行動と、マンホールの蓋が腐食していたのが事故の原因?しかし、軍関係者によると「戦闘機を格納庫に移す過程でタイヤがマンホールに落ちる事故はほぼ起きない」とのことで、まさにOINK…。

ちなみに、韓国のニュース番組が事故をCG動画で再現していましたが、本当にあのこけ方をしているなら、フレームまで逝ってしまっている可能性が高いそうで、修理というレベルの破損じゃないとの話も。

空軍のミスでF-15K翼が破損
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84735&servcode=200§code=200

投稿者 kenji : 2007年2月20日 12:10


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1508

コメント

コメントしてください




保存しますか?