« Updated Scheduled EverQuest Server Maintenance - 4/19/2006 4:00am | メイン | 「ハガレンラフ画集」付き14巻の予約が開始 »

2006年4月20日

引くに引けないお隣の国

海上保安庁が竹島周辺のEEZで行う予定の海洋調査について、小学生の頃から「日本=悪」と教育されてきた韓国では、産経新聞の黒田記者が「日本の主張はすべて不法とする一方的な世論ができてしまっている」と書いているように反日感情が盛り上がり、一部のまともな人達が「(独島を)国際紛争化しようとする日本の策略に乗るのはまずい」と主張しているにも関わらず、政権を含む大多数の人達が反日に酔いしれ「海上保安庁の調査船を拿捕するべきだ」と暴走している模様。

ちなみに、今回の海洋調査は麻生外相が「粛々と進める。双方が主張するEEZの重複する部分で、双方が調査することは国際法上、何ら問題ない」と述べているように国際法上まったく問題は無く、ジャーナリスト宣言をしている某新聞社以外のマスコミは今回の海洋調査を支持しています。

今回の海洋調査に関して、韓国民主党の韓和甲代表は「韓日間の領土問題で戦争が起きたなら、南北が団結して日本に対抗し、中国とロシアも韓国を支援するだろう」と、とんでもない発言をしていますが、福田元官房長官が「韓国も日本側に要求だけするのではなく、理性的に対応してほしい」と述べているように、せめて政治家だけは感情にまかせて動かずにもっと理性的に動いてほしいものです。

とはいっても、何かあると反日感情を煽り不満の捌け口を全て日本に押し付けているだけに、もし日本に対して弱腰姿勢を見せた場合は国内の不満が爆発。一方、日本に対して強気の姿勢を示し調査船を拿捕した場合は韓国の国際的な立場がやばくり、竹島が国際紛争地域であることを世界中に知られてしまう恐れがあるため、韓国はどちらにも転べない状態になってしまっていますね。

「戦争になれば南北団結で対抗」韓和甲代表
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=012006042006800

竹島周辺の海洋調査「国際法上何ら問題ない」 麻生外相
http://www.asahi.com/politics/update/0420/001.html

韓国 きょう安保会議
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20060419/m20060419003.html

海保の調査船が出航 ~自滅の道を歩む韓国~
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10011521789.html

投稿者 kenji : 2006年4月20日 12:49


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1082

コメント

コメントしてください




保存しますか?