2006年6月25日

画面描写が重い場合は

EQJEから英語版へ引っ越してきて、画面の描写が重いと感じた人はOptionウィンドウのDisplayタブの中の『Max. Framne Per Secound』設定をいじってみてください。

この設定項目は1秒間に何回画面を描写するかの設定で、画面描写が重い人はデフォルトの数値である60の半分の30まで落としてみたり、100まで強引に上げてみたりしてみてください。

その下にあるLOD(Level of Detail)という項目は描写するポリゴン数をいじるオプションで、これも左にスライドさせていくと画面描写が軽くなると思います。

更に細かい設定を行うには[Advanced]ボタンを押してください。

『Card Features』に使用しているグラフィックカードの性能が表示されますが、古いビデオカードを使用している場合はPixel Shaderをサポートしていなかったり、サポートしていても使用すると重くなったりするので、画面右上にある「Allow」で始まっている項目もチェックボックスをクリックして全てOffにしてしまいましょう。

その他に、『Terrain Texture Quality』もNormaよりも低い設定にしてみるのも良いかもしれません。

投稿者 kenji : 19:42 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月14日

DirectX 9.0cのインストール方法

今回のパッチでEQはDirectX9.0cの最新版がインストールされていないと動かなくなりましたが、日本語版ウィンドウズのウィンドウズアップデートでダウンロードできるDirectX9.0cは最新版の「April 2006」ではないので、マイクロソフトの本家サイトからアップデート用のファイルをダウンロードする必要があります。

ますは下記URLへアクセスしてください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=fb73d860-5af1-45e5-bac0-9bc7a5254203&DisplayLang=en

するとこのような画面が表示されるので、画面中央あたりにある[Download]ボタンをクリックして、ファイルをダウンロードしてください。

ちなみにファイルは52MBとちょっと大きめなサイズです。

「directx_apr2006_redist.exe」をダウンロードし終えたら、好きな場所にフォルダを一つ作成してダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行し[Yes]ボタンを押してください。

すると、ファイルの解凍場所を聞いてくるので[Browse]ボタンを押して、先ほど作ったフォルダを指定してから[OK]ボタンを押してください。

[OK]ボタンを押すと、指定したフォルダへファイルの解凍が始まります。

ファイルの解凍が終わったら、フォルダを開き「DXSETUP.exe」をダブルクリックして実行すれば、最新版のDirectX 9.0cのインストールが始まります。

-追記-
2009年3月更新の最新版が下記URLからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=2da43d38-db71-4c1b-bc6a-9b6652cd92a3

上記URLへアクセスして「dxwebsetup.exe」をダウンロードし、ファイルを実行すれば最新版のファイル一式がインストールされます。

投稿者 kenji : 01:49 | コメント (9) | トラックバック

2006年6月13日

DirectX 9.0c

今夜当る予定のパッチで、テストサーバーでテストされていたDirectX 9.0c用のファイルがダウンロードされると思われるので、DirectX9.0cをインストールしていない人はパッチ後にEQを起動できなくなるかもしれません。

不安が有る人はEQがインストールされているフォルダの中に、DirectX9.0cがインストールされているかを調べる「DirectXTest.exe」という診断ソフトが入っているので、それを使ってチェックしてみてください。

「DirectXTest.exe」をダブルクリックして起動するとウィンドウが開いて診断を始め、EQが動作する環境だった場合はおめでとうウィンドウが出ます。

もし、上記のウィンドウが出なかった場合はDirectXのバージョンが古いということなので、Kanonさんのところのエントリーを参照してDirectXのバージョンを最新のものにしてください。

DirectX 9.0c update with the next update
http://kanon.cside.to/MT/archives/2006/05/directx_90c_upd.html

投稿者 kenji : 09:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月12日

GoD Raid入門編

EQJEが英語サーバーへ移管した際にGates of Discordまで無料で開放されているということで、GoDのRaidターゲットの紹介でも。

GoDで最初にRaidターゲットになるmobといえば、やはりFerubiのWeapon Master Vtiink VzaanとZun`Muram Votalでしょうかね?

ちなみに、レベルの上限がまだ65までだった当時、FerubiのPackmaster Skoiat Pizakに数回挑戦しましたが負けっぱなしで、結局リベンジを果たしていなかったことを書いていて思いだしました。

Ferubiの次にRaidターゲットとなるmobはKod'Taz以降のゾーンになってしまうため、参加者全員がTiptをクリアしてフラグをそろえる必要がありますが、OoW以降の拡張パッケージを入れている高レベルプレイヤーの手助けがあればTiptも突破できると思います。

ちなみに、Tiptで発生するイベントでは毎回必ず4種類のAugからどれか1個とBossからBracerかCharmが出ます。

TiptをクリアしてKod'Tazに入れるようになると、IkkinzとYxttaへアクセスすることが出来るようになります。ちなみに、Kod'TazへのアクセスはRaidによるフラグ補助システムが働くので、フラグ保持者が多ければフラグを持っていない人でもゾーンに入ること事は可能です。

Ikkinzは54人制限のInstanceゾーンで、Raidで作成するIkkinzは1~4までの4種類があります。1~3までは簡単に作れるのですが4を作るためにはKod'Tazで受けれるBiC絡みの長編クエストをクリアする必要があるので、ちょっと面倒くさいかもしれません。

一方YxttaはInstanceではないので人数制限は特に有りませんが、Primal3体が居るRaidゾーンへ入るためにはクイズをクリアする必要があります。

この辺まで来れるようになると、EQ暗黒史にその名を残すUquaという54人制限のInstanceゾーンにもアクセスすることが出来るのですが、PoRまで拡張された今ここを通過する必要があるのかどうかちょっと悩みます。

投稿者 kenji : 12:38 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 7日

OoW Raid入門編

EQJEの人達がFennin Roサーバーに移動して約一週間経ちましたが、そろそろ軽めのRaidを始めようとしている人達がいるかもしれないので、OoWに居るRaidのターゲットになりそうなmobの紹介でも。

OoW Raidの入門編として候補にあがるゾーンはやはりNobles' Causewayですかね?ここは経験値稼ぎをする事が多いゾーンだと思いますが、こっそりとRaid対象となる怖いmobが配置されていたりします。

Nobles' CausewayのRaid対象となるのは以下の4体で、たぶんBone Crackerがこのゾーン最強だと思います。


どいつもこいつも一癖有る攻撃をしてくるのでレベルやResistが低いと苦労すると思いますが、Bone Cracker以外ならたぶんいけるんじゃないですかね?

続いてThe Ruined City of DranikのRaidターゲットの紹介を。

The Ruined City of Dranikにも多数のRaid対象となるmobが居ますが、この中で別格なのがBattlemaster RhoriousとZun`Muram Volklanaで、この2体は倒すのに苦労すると思います。しかし、得られる報酬は素晴らしいものが多いのでデータ集めを兼ねて挑戦するのも良いかもしれません。

最後に経験値キャンプのメッカであるWall of Slaughterに居るRaidターゲットの紹介を。

VelitorkinとTarn Icewindはたぶんレベル70無くてもいけるんじゃないですかね?Pyrique Redwingはレベルも必要ですが、それ以上に硬さが必要なスクリプトで、The Murkglider HivequeenはDPSが必要なスクリプトです。

まあ、どんなスクリプトなのかは起動すれば分かるので試しにちょっかいだしてみるもの良いかも。

そしてこのゾーンのボス的存在のHulcrorですが、こいつは倒すのに一苦労すると思いますが頑張ってみてください。

それと、CipheronはEpic2.0のクエストで倒すやつなので、Epic2.0クエストのフラグが無い人が倒しても何も出しません。

ちなみに、Epic2.0のフラグが立っている人がアイテムをLootすると宝箱が出ますがEpic2.0だとこんなアイテムがランダムで出ます。

投稿者 kenji : 12:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 5日

ローマ字チャットで文字化け

ローマ字チャットで会話していて時々文字が化ける人は、オプション画面のFilterタグの中に有る「Bad Word」がShowになっているかチェックしてみましょう。

ローマ字会話でよく使われる「~shimashita.」の中に、Bad Word扱いの「shit」が含まれている為、フィルターのBad Wordを見ない設定にしていると文字化けを起こしていますので、「Bad Word」をクリックして灰色に反転させてから、ウィンドウ下部のプルダウンメニューをクリックして「Show」を選択してください。

投稿者 kenji : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 4日

コマンド一覧

EQJEには無いと思われる一部の便利コマンドの解説です。

コマンド 解説
/invite /invite 名前と入力すると、ゾーンや距離に関係無くグループにInviteすることが出来ます。
/raidinvite /raidinvite 名前と入力すると、ゾーンや距離に関係無くRaidにInviteすることが出来ます。
/autofire /autofire onで自動的にRange攻撃を開始します。止める場合は/autofire offで、両方をマクロに登録しておくと便利です。
/corpsedrag 運びたい死体をターゲットしてからこのコマンドを入力すると、何もしなくても自動的にその死体を引っ張るようになります。最大で2個まで引っ張ることが可能で、/corpseと併用すると一度に3個の死体を運ぶことが可能です。
/corpsedrop /corpsedragで自動引きずり設定したのを解除するコマンドです。2個引っ張っていて2個とも解除したい場合は[Esc]キーを押してターゲットを空にしてからこのコマンドを入力してください。
/eqplayersupdate EQ Playersのデータベースを更新しますが、コマンドの受付は一日一回でコマンドを入力すると24時間後まで受け付けなくなります。

投稿者 kenji : 10:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 3日

古いSpellアイコンへの戻し方

英語版のデフォルトUIでは呪文のアイコン画像が変わってしまっているので、これを古い画像に戻す方法です。

まずは古いアイコンの画像をここからダウンロードしてください。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し終えたら、EverQuestをインストールしたフォルダの中にある「uifiles」フォルダを開き、その中に新しいフォルダを1個作成して解凍したファイルを全てその中に移します。

最後に、EQにログインしてオプションウィンドウの右下にある「Load UI Skin」ボタンを押し、リストに表示されたuifielsフォルダの中に作成したフォルダ名をクリックして読み込めば完了です。

投稿者 kenji : 08:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年6月 1日

ファイルのダウンロード

EQは拡張パッケージを購入していなくても、全ての拡張パッケージに必要なファイルがダウンロード可能で、新しい拡張パッケージが発表された場合はこの機能を使って発売前にファイルを先行してダウンロードすることも可能です。

まずは、EQを起動してファイルの整合性をチェックするパッチャーを立ち上げてください。自動的にログインへ移行する[AutoPlay]ボタンにチェックを入れているとオプション画面へいけなくなるので、AutoPlayにチェックを入れている場合はチェックを外すか、左側にある[Cancel]ボタンを押してファイルチェックを止めてください。

[Advanced]ボタンがアクティブになったらボタンを押して、オプション画面を表示しましょう。

オプション画面には各拡張パッケージのチェックボックスが有るので、必要な拡張パッケージのチェックボックスにチェックを入れたら[Save]ボタンを押してパッチャーに戻ってください。

すると、ファイルのチェックが始まりチェックが終わるとパッチャーの[Download]ボタンがアクティブになるので、そのボタンを押すとファイルのダウンロードが始まります。

ちなみに、一回で全ての拡張パッケージのファイルをダウンロードしようとすと、光回線でも物凄い時間がかかると思うので、1個1個チェックを入れてダウンロードした方が良いかもしれません。

拡張パッケージに必要なファイルはこれで全てダウンロードできますが、アカウントにその拡張パッケージのレジストコードを登録していない場合は遊べないので気をつけてください。

ついでに、テストサーバーへのアクセス方法も。

EQがインストールされているディレクトリの中に「TestEverQuest.exe」という実行ファイルがあるのでこれをダブルクリックしてください。するとテストサーバー専用のパッチャーが起動して、必要なファイルのダウンロードが始まります。

投稿者 kenji : 12:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月31日

レジストコードの入力方法

ソフトに添付されているレジストコードの入力方法の説明です。

まずはアカウント管理ページへアクセスしてください。

すると、上記画像のようにStation Nameとパスワードの入力を求められるので、Station Nameとパスワードを入力して[Sign In]ボタンを押します。

画面に五つのボタンが表示されているので、その中にある[Register Expansion]をクリックするとレジストコード入力画面に移ります。

入力欄にレジストコードを一字一句間違えずに入力してから[Submit]ボタンを押せば入力完了です。

ちなみに、[View/Edit Subscription]ボタンを押すとアカウント情報を見ることができて、そこのEnabled Featuersにレジストが完了した拡張パッケージ名が表示されます。

また、ここには支払い方法の名称(Subscription Name)や料金(Price)、アカウントが有効か無効か(Account Status)や次回支払い発生日(Next Billing Date)、自動更新の際に支払われるプラン名(Next Subscription Plan)なども表示されています。

このページ下部にもボタンが幾つかあって、[Cancel Subscription]ボタンを押すと支払いが止まりますが、先払いで支払った分はプレイ可能です。

投稿者 kenji : 12:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月25日

OPTIONウィンドウ

EQJEと英語版ではオプションウィンドウの中身がだいぶ違うと思うので、EQJEに無いと思われるオプションの解説です。



名称 説明
Allow Context Menus UIウィンドウを右クリックすると現れる、テキストメニューを表示する項目です。デフォルトではOFFになっていると思われるので、ログイン後はこれを押してONにしておきましょう。
Target Click Shows Help NPCをターゲットした時に、チャットウィンドウにHelpメッセージを表示する項目です。これはデフォルトでONの状態なので、ログイン後はOFFにした方がいいかもしれません。
Join General Channels 自動的にチャットサーバーにあるGeneralチャンネルにログインする項目です。これもデフォルトでONの状態で、Generalチャンネルは参加人数が多く物凄い数のメッセージが流れているので、ログイン後はOFFにした方がいいかもしれません。
Auto Consent Group 死んだ場合グループメンバーに自動的にConsentをします。デフォルトではOFFなので必ずONにしておきましょう。
Auto Consent Raid 死んだ場合レイドメンバーに自動的にConsentをします。デフォルトではOFFなので必ずONにしておきましょう。
Auto Consent Guild 死んだ場合ギルドメンバーに自動的にConsentをします。デフォルトではOFFなので必ずONにしておきましょう。

投稿者 kenji : 12:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月24日

Spellの入手方法

Gates of Discord以降の主なspellの入手方法の紹介です。

Gates of Discord

GoDのspellはNO TRADEのRuneをAbysmal Seaに居るReyfin Malakwaに届ける事でもらえます。

ちなみに、GoDリリース当時はNPCからもらったspellはNO TRADEでしたが、現在はNO TRADE属性が取り除かれ、Reserachでも作成可能になったのでバザーで売られていることもありますし、上位版のspellがOoWで入手可能です。

Runeは4種類あり、それぞれ貰えるSpellが決まっています。

Taelosian Geomancy Stone Jelki
クラス 名称
BRD Echo of the Trusik
BST Trushar's Mending
BER Battle Cry of the Mastruq
CLR Holy Elixir
DRU Sylvan Fire
ENC Bliss of the Nihil
MAG Elemental Siphon
MNK Phantom Shadow
NEC Night Stalker
PAL Wave of Trushar
RNG Sylvan Burn
ROG Kyv Strike
SHD Black Shroud
SHM Breath of Trushar
WAR Bellow of the Mastruq
WIZ White Fire

Taelosian Geomancy Stone Eril
クラス 名称
BRD Dark Echo
BST Trushar's Frost
CLR Order
DRU Sylvan Embers
ENC Madness of Ikkibi
MAG Monster Summoning IV
NEC Night's Beckon
PAL Holy Order
RNG Sylvan Call
SHD Miasmic Spear
SHM Daluda's Mending
WIZ Telaka

Taelosian Geomancy Stone Yiktu
クラス 名称
BRD War March of the Mastruq
BST Turepta Blood
CLR Holy Light
DRU Sylvan Infusion
ENC Apathy of the Nihil
MAG Rock of Taelosia
NEC Night Fire
PAL Light of Order
RNG Sylvan Light
SHD Mental Horror
SHM Balance of the Nihil
WIZ Black Ice

Chaos Runes
クラス 名称
BRD Ancient Chaos Chant
BST Ancient Frozen Chaos
BER Ancient Cry of Chaos
CLR Ancient Chaos Censure
DRU Ancient Chaos Frost
ENC Ancient Chaos Madness
MAG Ancient Chaos Vortex
MNK Ancient Phantom Chaos
NEC Ancient Seduction of Chaos
PAL Force of Chaos
RNG Ancient Burning Chaos
ROG Ancient Chaos Strike
SHD Ancient Bite of Chaos
SHM Ancient Chaotic Pain
WAR Ancient Chaos Cry
WIZ Ancient Strike of Chaos


Omens of War

OoWのspellは66~68を貰えるRuneまでがトレード可能なのでバザーで入手可能で、69と70とAncientがNO TRADEとなっています。

名称 レベル
Minor Muramite Rune 66
Lesser Muramite Rune 67
Muramite Rune 68
Greater Muramite Rune 69
Glowing Muramite Rune 70
Ancient Muramite Rune 70

Runeを入手したらDranik's Scarに居るKarsor the Madに届けると、spellと交換してくれます。

ちなみに、spellが貰える順番はランダムでなく決まっているので、欲しいspellがリストの後ろの方に有る場合は、その数だけRuneを交換する必要があります。

spellのリストはNebosuker.netを参照されたし。

OoW spellはDoDで出るRuneでももらうことが可能で、DoDで出るRuneも66~68はトレード可能で69と70とAncientはNO TRADEになっていて、届けるNPCはUndershoreのBrother Hidden Pathです。

名称 レベル
Minor Shadowspine Rune 66
Lesser Shadowspine Rune 67
Shadowspine Rune 68
Greater Shadowspine Rune 69
Glowing Shadowspine Rune 70
Ancient Shadowspine Rune 70

Dragons of Norrath

DoNのspellは2種類有り、下位版はDoNのTaskをこなすと貰えるCrystalでLavastorm Mountainsに居るNPCから購入します。上位版のspellはProgressionを進めていくと報酬としてもらえます。

Progressionは善と悪の2種類がありますが、倒すmobは基本的に同じです。

 ・Dragons of Norrath Progression (Good)
 ・Dragons of Norrath Progression (Evil)


Depths of Darkhollow

DoDのspellは68、69、70の3種類が有り、それぞれ専用のTaskを複数こなすことで報酬としてもらえます。

 ・レベル68Task
 ・レベル69Task
 ・レベル70Task

ちなみに、Taskを1個クリアする毎に報酬としてグループのメンバー全員に、Timeクラスかそれ以上の性能のアイテムが1個配られるので、68~70までの全てのTaskをクリアするだけでもかなりのパワーアップになります。

ただし、一部のTaskは難易度が高く設定されているものもあるので、クリアするために有る程度の装備とレベルが必要となる場合もあります。


Prophecy of Ro

PoRは70のspellが2個と、レベル55のAuraかTrapとレベル70のAuraかTrapが2個あります。

レベル55のAura/TrapはRuins of Takish-HizのThe Chalice of LifeというTaskの報酬としてもらえます。

このTaskは個人用のSingle Taskで、Ruins of Takish-Hizに居るNamedを4匹倒しアイテムを届けるだけというお手軽Taskになっています。

PoRオープン当初はNamedのRespawn時間が長く大変でしたが、パッチでRespawnが10分程度になったので今はさっくりと終わらせる事ができるようになりました。

レベル70のAuraはNorthern Desert of Roに居るTak`Valnakorから受けられる3つのGroup Taskをクリアすることで報酬としてもらえます。

このTaskは1~3まであり、1をクリアすると2を受けることができ、2をクリアすると3を受けることができて、Auraは3をクリアした時の報酬なので誰か2をクリアしたことが有る人が3番目のTaskを受ければ、1と2をクリアしていない人でも3をクリアするだけでAuraをもらう事も可能です。

ただし、この1~3のTaskはTheater of Bloodへ入り為に必要なフラグに関連したTaskなので、Theater of Bloodへ行きたい人は1~3の全てをクリアする必要があります。

レベル70のspellの一つ目は、Arcstone, Isle of Spiritsに居るSpirit of Ao the Fourth Bornから受けられる3つのGroup Taskをクリアすることで報酬としてもらえます。

ちなみに、このTaskで貰えるspellも3番目をクリアした時の報酬なので、2番目までクリアした人が3番目のTaskを受けてクリアすれば1と2をクリアしていない人でもspellをもらう事ができます。

しかし、このTaskもTheater of Bloodへ入るために必要なフラグなので、Theater of Bloodへ行きたい人は1~3まで全てのTaskをクリアする必要があります。

レベル70のもう一つのspellは、The Devastationのconが赤いmobが出すNO TRADEの皮を拾うことで自動的に始まるSingle TaskのSaga Skinsをクリアするともらえます。

このTaskで必要な皮はThe Devastationの隣のゾーンであるSverag, Stronghold of Rageでも入手可能ですが、ここでキャンプをするにはある程度の装備とレベルが必要となります。

ちなみに、このSkinから始まる一連のTaskもTheater of Bloodへ入る為に必要なフラグ絡みのTaskです。

投稿者 kenji : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月23日

キャラクター転送サービス

Ever Quest英語版には、有料でキャラクターを転送するサービスがあるのでその紹介。

Character Services
http://eqplayers.station.sony.com/character_index.vm

キャラクター転送サービスは2種類あって、一つはアイテムを伴わない移動(Character Transfer Services)でもう一つはアイテムを持ったままの移動(Character Transfer Services with Items)です。前者はキャラクターデータだけの転送となり、所持しているアイテムや装備しているアイテム、お金は全て電子の藻屑となりますので注意してください。

アイテム無しの移動を選択する人は少ないと思うので解説は省略して、アイテムを伴った転送の解説をします。

Character Transfer With Items
https://store.station.sony.com/eq_char_item_moves/

細かい説明は上記URLに掲載されていますが、幾つか注意点をあげると。 などです。

料金は以下の通り

同一アカウント間でのサーバー移動の場合
キャラクター数 料金
1~2 $75
3~8 $150

所有者が同じアカウント間で同一サーバー内での移動の場合
キャラクター数 料金
1~2 $50
3~8 $125

所有者が同じアカウント間で違うサーバーへ移動をする場合
キャラクター数 料金
1 $112.50
2 $187.50
3~8 $375

6ヶ月以内に移動したキャラクターは転送出来ませんが、サーバー統合などによる移動の場合はこれに当てはまらなかったような気もするので、気になる人はサポートに問合せを。

投稿者 kenji : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月19日

ギルドの作り方

むうむう亭のSugiさんが書いてくれていたので、それを参考にまとめたEQ英語版のギルド作成方法です。

http://blog.drecom.jp/sugikiyo/archive/175#comments

まずは、ギルド作成に関することが掲載されているGuild Applicationページを参照してください。

ギルド作成ガイドライン
http://eqplayers.station.sony.com/guild_applications.vm

ちなみに、書かれている内容はこんな感じです。


ガイドラインを一通りよんだら

上記内容を、ガイドラインページにあるメールのリンク先にあるメールアドレスへ送信してください。

返事は1~2日で返ってくるそうで、申請が通ればゲーム内でGMからtellがくるらしく、そのtellに応えるとギルドのタグが付くそうです。

投稿者 kenji : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月17日

EQIMの使い方

EQの英語版にはEQJEには無いチャットサーバーという、チャット専用のサーバーが用意されています。このチャットサーバーは全サーバー共通で使用しており、EQIM(Ever Quest Instant Messenger)という専用ソフトを使うと、Ever Questにログインしなくてもチャットチャンネルに入ることができます。

まずは公式サイトのFTPサーバーからEQIMをダウンロードします。

ftp://eqftp.station.sony.com/

上記URLをクリックしてFTPサーバーへアクセスしたら、「eqim.exe」を右クリックして「コピー」を選択し、デスクトップを右クリックして「貼り付け」でデスクトップに「eqim.exe」をコピーしてください。

適当なフォルダを作成したら、そのフォルダへコピーした「eqim.exe」を移し、ダブルクリックしてファイルを実行してEQIMをインストールしてください。

サーバーから必要なファイルのダウンロードが完了するとEQIMが起動するので[Accept]ボタンを押してください。

ログインウィンドウが表示されるので、Station IDとパスワードを入力します。

ログインが完了するとサーバー一覧が表示されるのでログインしたいサーバーを選択します。サーバーを選択し終えるとキャラクター一覧が表示されるので、チャットに入るキャラクターも選択してください。

メインウィンドウが現れたら、上部メニューにある「Channel」をクリックしてください。ちなみに、チャンネルに入らずに特定のキャラクターにtellを送りたい場合は「Tell」をクリックするとTellを送る事もできます。

チャンネル入力ウィンドウが表示されるので、入りたいチャットチャンネルの名前を入力します。チャンネル名は大文字小文字の区別は無く、スペルがあっていればOKです。ちなみに、パスワードがかかっている場合は後でパスワードを聞かれるので、チャンネル名だけを入力してください。

チャンネルにパスワードがかかっている場合は、パスワードを聞かれるのでパスワードを入力してください。

チャンネル名とパスワードが合っていると、指定したチャンネルに入ることができます。

ウィンドウ下部のチャット入力欄に文字を打ち込み、[Submit]ボタンを押すとチャットで発言することが出来ます。[List Users]ボタンを押すと、チャンネルに参加しているメンバーの一覧が表示されます。

-追記-
6/13日のパッチでチャットシステムがUniversal Chat Systemに変更されるため、EQIMでチャットサーバーへ接続することができなくなりましたが、UCSへ接続可能なEQIMを用意する予定はあるそうです。

EQIM and Next Patch
http://kanon.cside.to/MT/archives/2006/06/eqim_and_next_p.html

投稿者 kenji : 01:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月16日

Instance Zoneガイド

Gates of Discord以降の拡張パッケージで導入された、Dynamic ZoneシステムやTaskシステムによって生成されるInstanceゾーンの解説です。

ちなみに、Instanceゾーンを生成するシステムはDZ(Dynamic Zone)とTaskの二種類があり例外を除き最大参加可能人数は54人となっています。DZはゾーンそのものを生成するだけですが、Taskはゾーンの生成だけでなく「ゾーンの入り口を発見せよ」などの指令が出され、その内容に沿って進めていく必要があります。

Dynamic Zone

Taskを使ったRaidはDragons of Norrath以降に追加されたもので、それ以前のInstanceはDZを使用したものとなり、代表的なのはGates of Discordの最終ゾーンであるTacviや大きな壁であるUqua。Omens of Warの最終ゾーンであるAnguishやMPGの六つの試練などがあります。

ちなみに、DZの中に居る特定条件が付いたmobを倒すとキャラクターデータにLock情報が保存されるので、ある団体のraidに参加してTacviのボスであるTunatを倒した場合は下記画像のようにLockがかかるので、Lock期間中は他の団体のraidに参加してTunatに再び会うということはできません。


コマンド 説明
/dzaddplayer /dzaddと省略可能。DZウィンドウの「Add Player」ボタンと同じ機能で、DZにプレイヤーを追加するコマンドです。/dzadd プレイヤー名と入力すると、そのプレイヤーの画面に確認ウィンドウが表示されるのでOKを押すとDZにプレイヤーが追加されます。ちなみに、プレイヤー名は全て小文字で入力してもかまいません。
/dzremoveplayer /dzremoveと省略可能。DZウィンドウの「Remove Player」ボタンと同じ機能で、DZに入っているプレイヤーを外すコマンドです。/dzremove プレイヤー名と入力すると、そのプレイヤーがDZから外されます。
/dzswapplayer /dzswapと省略可能。DZの中のプレイヤーを入換えるコマンドで、/dzswap 外すプレイヤー名 入れるプレイヤー名と入力すると、指定したプレイヤーを入換える事ができます。
/dzmakeleader DZのリーダーを移すコマンドで、DZウィンドウの「Make Leader」ボタンと効果は同じです。
/dzplayerlist DZのプレイヤーリストを更新するコマンドです。DZのリーダーがLinkDeadして、DZのリーダー表示がおかしくなった場合などに使うと表示が直ります。
/dzlisttimers DZのLock Outを調べるコマンドですが、DZウィンドウにLock Outは表示されているので滅多に使うことはありません。
/dzquit DZから抜けるコマンドで、DZウィンドウの「Quit Expedition」ボタンと効果は同じです。
/dzhelp DZのコマンド一覧を表示します。


Task

Taskシステムの例をあげると、Depths of Darkhollowの最終ゾーンであるDemi-Plane of Bloodに入るために倒さなくてはならないHive QueenはTaskで生成されるInstanceゾーンに居るのですが、このTaskを受けるとまず「ゾーンの入り口を探せ」という指令がでるのでThe Hiveにある入り口を目指します。

Taskに入っているメンバーの誰かがThe Hiveにあるゾーンの入り口をクリックするとTaskが一段階進み、「卵を割れ」といった感じの次の指令がTaskウィンドウに現れます。このゾーンの中央に有る卵を割るとHive Queenのスクリプトが起動するのですが、卵を割った瞬間にTaskはLock状態になり、これ以降は後からTaskに人を追加することが出来なくなります。

卵を割るとスクリプトが起動し「Hive Queenの軍勢を壊滅せよ」という新たな指令が出るので、その通りに進めるとTask完了のメッセージが出てTaskが終了となります。ちなみに指令は「軍勢を壊滅せよ」なので、Hive Queenを倒しただけではTaskは終了せず、無限に湧いて出るaddも全て倒す必要があります。

ちなみに、TaskウィンドウにはDZウィンドウのようなLock情報は掲載されないので、TaskのLock情報を見る場合は/tasktimerというコマンドを打つ必要があります。

コマンド 説明
/taskaddplayer /taskaddと省略可能。Taskにプレイヤーを追加するコマンドで、/taskadd プレイヤー名と入力すると、そのプレイヤーの画面に確認ウィンドウが表示されるのでOKを押すとTaskにプレイヤーが追加されます。ちなみに、ある程度Taskが進行してLockがかかるとaddは出来なくなります。
/taskremoveplayer /taskremoveと省略可能。Taskからプレイヤーを外すコマンドで、/taskremove プレイヤー名と入力すると、そのプレイヤーをTaskから外すことができます。
/taskswapplayer Taskの中に入っているプレイヤーと外に居るプレイヤーを入換えるコマンドで、/taskswap 外すプレイヤー名 入れるプレイヤー名と入力すると、指定したプレイヤーを入換えることができます。
/taskplayerlist Taskのプレイヤーリストを更新するコマンドです。
/taskquit Taskから抜けるコマンドです。

ちなみに、TaskはSingle、Group、Shareの三種類があり、Singleは個人で受けるTask。Groupは3人以上のグループで受けるTask。そしてShareは複数グループで受けるTaskです。

投稿者 kenji : 12:49 | コメント (7) | トラックバック

2006年5月10日

Lobby Summon Corpse

Dragons of Norrathで追加された便利機能の一つである、Guild LobbyのSummon Corpse機能を紹介。

※2006年6月13日のパッチで、Guild LobbyはDragons of Norrathを購入していないユーザーにも開放されました。

Guild LobbyでSummon Corpseを行うにはSoulstoneという専用の触媒が必要で、召還を行うプレイヤーのレベルによって必要なSoulstoneは変わります。

各SoulstoneにはRecommendedレベルが設定されていているので、自分のレベルに合ったSoulstoneを購入してください。ちなみにレベル70の死体を召還するにはPristine Soulstoneが必要で、値段はCHAの値で変動しますが180前後で購入することができます。

自分のレベルに合ったSoulstoneを購入したら、Corpse Summonerのラベルが付いたNPCにSoulstoneを渡してください。すると、全てゾーンから死体がその場に召還されます。

ちなみに複数の死体が存在していても、一つのSoulstoneで全てを召還することができます。

投稿者 kenji : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月 6日

機能紹介

英語版には有ってEQJEには無いBandoilerとBlock Buff機能の紹介です。

Bandoiler

Dragons of Norrathで追加された機能の一つで、Bandoilerに装備を登録するとボタン一つで武器の持ち替えを行うことが出来るようになります。ちなみに、登録できる装備のセットは4種類まで。

登録の仕方は、まずBキーを押してBandoilerウィンドウを表示してください。

続いてPRIMARYとSECONDARY、RANEGとAMMOを登録したい装備に持ち替え、リストの中のEmptyをクリックした後Addボタンを押してください。

装備セットの名前を入力するウィンドウが表示されるので、好きな名前を入力するとBandoilerにその装備の組み合わせが登録されます。

登録されている装備を解除する場合は、解除したいセットの名前をクリックした後にDeleteボタンを、HotBoxに置くボタンを作る場合はHot Buttonボタンを押してください。

Auto Swapにチェックを入れておくと、リストの名前をクリックしただけで装備の入れ替えが行われます。Auto SwapがOffの場合は、リストの名前をクリックした後Activeボタンを押すと装備が入れ代わります。

Block Buff

Prophecy of Roで追加された機能の一つで、指定したBuffやSong、Spellを受け取らないようにすることが出来るようになります。

ちなみに、PoRリリース当時は敵が唱えてくるDebuffやSpellを防ぐことも出来たようですが、今ではそれは出来なくなっています。

登録方法はBuffウィンドウ、またはSongウィンドウに表示されている防ぎたい呪文のアイコンを右クリックしメニューウィンドウを表示してください。メニューウィンドウの中に「Add this spell to list of blocked spells」があるのでそれをクリックするとBlock Listに登録されます。

Block Listに登録されているSpellを確認する場合は、EQボタン→Character→Blocked Buffsと進んでいくとBlocked Spellsウィンドウが表示されます。

登録されている呪文をリストから外す場合は、Blocked Spellsウィンドウの中の外したい呪文のアイコンを左クリックして消してください。

登録できる呪文の数は最大20個で、設定情報はキャラクター名_サーバー名.iniファイルの[BlockedSpells]にBlockedSpellID0~20で登録されています。

このBlockedSpellIDが-1の場合は未登録で、この数字をテキストエディタで直接編集するとBuffウィンドウに載らないMana RodなどPure Meleeに必要の無い呪文を防ぐこともできます。

ちなみに、Mana Rodは3188でMass Rodは2538、その他にベテランAAで呼び出せるJesterが唱えるいたずらを防ぎたい場合は5130、5131、5132の3つも登録してください。

その他の呪文の番号はLucyを参照されたし。

投稿者 kenji : 08:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月 5日

チャットチャンネル

英語版にはEQJEには無かったチャットチャンネルというものがあります。これはIRCのようなもので、専用のチャットサーバーにチャットチャンネルを作成し、そこを介して他のプレイヤーとチャットをすることが出来る機能です。

英語版に初めてログインすると、デフォルトでGeneralとClassチャットに参加している状態になっているので、オプションを開き1個目のタグの中にあるボタンを押してOffにして、ログイン毎に自動参加するのを止めた方が良いと思います。

コマンド 解説
/join チャットチャンネルを作成、または指定したチャットチャンネルに入る時に使うコマンドです。/join チャンネル名で任意のチャンネルに参加することが可能で、/join チャンネル名:パスワードと:の後にパスワードを付けることで、パスワードでロックされたチャンネルに参加することができます。チャットサーバーにチャンネル名のチャンネルが無い場合はそのチャンネルが作成され、:の後にパスワードがある場合は、そのパスワードでロックされたチャンネルが作成されます。
/leave 指定したチャンネルから抜ける時に使用するコマンドです。/leave チャンネル名、または/leave 数字(1~10)で指定したチャンネルから抜けることができます。
/leaveall 全てのチャンネルから抜けるコマンドです。
/list 参加しているチャンネル一覧、または参加者一覧を表示するコマンドです。/listで参加しているチャンネル名とチャンネル番号、各チャンネルの参加人数が、/list チャンネル名、または/list 数字(1~10)で、指定したチャンネルの参加者一覧が表示されます。
/announce チャンネルへの参加と退場のメッセージを表示するコマンドです。ちなみに、デフォルトではoffになっています。
/数字(1~10) 指定したチャンネルへ発言する場合のコマンドです。listコマンドで表示されたチャンネル番号を入れて、スペースを挟んでコメントを入力すると、そのチャンネルへ発言することが出来ます。ちなみに/#チャンネル名でも発言可能です。
/autojoin ログイン時にチャンネルへ自動的に参加する設定をiniファイルに追加するコマンドです。テキストエディタでiniファイルを直接編集することももちろんできます。複数のチャンネルに参加する場合は/join チャンネル名:パスワード,/join チャンネル名2:パスワード2とチャンネル間に,をつけてください。

ちなみに、チャンネル名に大文字小文字の区別は無く、チャンネル名を大文字で入力しても小文字で入力しても、大文字小文字を混ぜて入力しても、全て同じチャンネルに入ります。

コマンド入力でパスワード付きのチャンネルに参加する時、日本語キーボードの場合:を入力するのに苦労すると思いますが、:を入力できない人は、まずチャットがアクティブになっていない状態でShift+;を押してください。するとチャット入力欄に:が現れるのでShift+←:の前に入力位置を移動させた後/join チャンネル名を入力し、Shift+→:の後ろに移動しパスワードを入力することで、パスワード付きのチャンネルに参加することができます。

チャットチャンネルの文字色はオプションで変更可能で、参加可能なチャンネルは10個までです。

このチャンネルには他サーバーや、SOEが公開しているEQIMというIRCのようなチャットツールを使うことで、EQにログインしていなくても参加するこが可能となっています。

他サーバーからチャットに参加する場合は/join サーバー名.チャンネル名:パスワードです。

最後に、特定のキャラだけログイン時に自動的にチャンネルに参加したい場合は、UIの定義をしているUI_キャラ名_サーバー名.iniファイルをテキストエディタで開き、[ChatManager]の項目にChannelAutoJoin=チャンネル名:パスワードを追加してください。複数のチャンネルに参加する場合はチャンネルとチャンネルの間に,をはさめばOKです。

raidの時だけ参加するチャンネルならマクロに/joinコマンドを登録することをオススメします。マクロの編集ウィンドウで:が入力できない場合は、:を抜かした状態でマクロを作成し、EQを終了させた後iniファイルをテキストエディタで開き、iniファイル内を検索して入力した部分を探し直接編集してください。

投稿者 kenji : 14:49 | コメント (1) | トラックバック

アーマー一覧

Plane of Powers以降の拡張パッケージで導入された鎧の一覧です。ちなみに、PoPのQuarmから出るアイテムはHPが220くらいです。

Gates of Discord

GoDアーマーはHPが220~300で、鎧の素となるアイテムはQvicのraid mobから出ますが、BPとLegの素だけはQvicの先のゾーンであるInktu'TaとTxevuのraid mobが落とします。

鎧を作成するには、Kod'Taz以降のゾーンで出るMeldstoneというアイテムを、Plate、Chain、Leather、Silk用に加工したアイテムと、Abysmal SeaでNPCが約10K Platで販売しているアイテムを合成して作ったアイテムが必要で、BPとLegはこのアイテムを2個消費します。
Meldstoneを加工して作るアイテムはの難易度はPlateとChainは鍛冶のスキルが282、LeatherとSilkは裁縫のスキルが282ですが、完成品とAbysmal Seaで購入する10Kのアイテムとの合成はスキルチェックが入らないので失敗しません。

FocusはGoD鎧専用のレベル上限が68のものが付いていて、Melee用のHandには専用の特殊Modが付いている物もあります。
Omens of War

OoWアーマーにはTier1とTier2の2種類が存在します。

Tier1はHPが90~140くらいで、素となるアイテムはWoSとRCoDのNamedが稀に落とし、BPとLegの素だけはWoSとRCoDのraid mobが落とします。

作成するにはDranik Loyalistsのfactionがwarmly以上必要で、鎧の素とそれに必要なアイテムをクエストNPCに渡すことで鎧をもらえます。
鎧の素はNO TRADEですがクエストアイテムはNO TRADEではないのでバザーで購入することも可能です。しかし、他人が鎧の素を渡した後に自分がクエストアイテムを渡し鎧を受け取るというチェインクエストはできません。

Focusはレベル70まで有効なものが付いていますが、特殊modはそれほど付いていません。しかし、BPには特殊なEffectが付いています。

Chain Class(Shorvock in Dranik's Scar)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Ragged Discordling Skin x3 Dragorn Elder Scepter
Leggings Lock of Hair from a Chimera Mane x3 Dragorn City Ember
Head Deepshadow Feran Pelt x2 Duskfall Chronicles
Arms Kuuan Lodestone x2 Map of Old Kuua
Wrist Shed Ikaav Skin x2 Dranik Blood Standard
Hands Darkshorn Kyv Hood x2 Spire Control Shard
Feet Muramite Dispatch x2 Kuuan Traitor Stones

Silk Class(Korshawn in Wall of Slaughter)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Kuuan Oil Candle x3 Dragorn Elder Scepter
Leggings Dragorn Muramite Insignia Necklace x3 Dragorn City Ember
Head Rugged Murkglider Skin x2 Duskfall Chronicles
Arms Jagged Noc Tusk x2 Map of Old Kuua
Wrist Hooked Chimera Claw x2 Dranik Blood Standard
Hands Discordling Finger Bone x2 Spire Control Shard
Feet Ikaav Braid x2 Kuuan Traitor Stones

Leather Class(Barowsar in The Bloodfields)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Tattered Chimera Pelt x3 Dragorn Elder Scepter
Leggings Dragorn Metal Bowl x3 Dragorn City Ember
Head Muramite Ritual Scroll x2 Duskfall Chronicles
Arms Dansk Blossoms x2 Map of Old Kuua
Wrist Dansk Branch x2 Dranik Blood Standard
Hands Glistening Murkglider Pelt x2 Spire Control Shard
Feet Muramite Dragorn Slaver Whip x2 Kuuan Traitor Stones

Plate Class(Vorkiev in Nobles' Causeway)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Shorn Murkglider Tentacle x3 Dragorn Elder Scepter
Leggings Dranik Incense Burner x3 Dragorn City Ember
Head Bristling Ukun Hide x2 Duskfall Chronicles
Arms Ukun Quill x2 Map of Old Kuua
Wrist Ashlock Branch x2 Dranik Blood Standard
Hands Discordling Message Satchel x2 Spire Control Shard
Feet Muramite Dispatch x2 Kuuan Traitor Stones


Tier2はHPが280~360くらいで、素となるアイテムはOoW最終ゾーンであるAnguishのraid mobが落とします。作成するにはTier1と同様にDranik Loyalistsのfactionがally以上必要で、BPとLegの素だけは最深部に居るArch Magus VanglとOverlord Mata Muramが落とします。
鎧作成に必要なクエストアイテムは、Tier1と同様にNO TRADEではないのでバザーで入手可能です。また、ほとんどのクエストアイテムはAnguishの雑魚からも出るので、バザーで購入する必要は有りませんが、ChimeraやFeranはAnguishに居ないのでこの2種族が出すアイテムだけは早くから確保しておく必要があります。

ちなみに、Tier1と同様にTier2もチェインクエストは出来ません。

Focusは専用のものも含めて高性能なものが多く、特殊modもバランスよく付いています。

Chain Class(Tibor in Dranik's Scar)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Kyv Short Bow x3 Jayruk's Vest
Leggings Shattered Ukun Hide x3 Patorav's Amulet
Head Kyv Scout Ring x2 Patorav's Walking Stick
Arms Ikaav Head x2 Lenarsk's Embossed Leather Pouch
Wrist Withered Discordling Tongue x2 Riftseeker Heart
Hands Kyv Whetstone x2 Makyah's Axe
Feet Dragorn Muramite Ring x2 Muramite Cruelty Medal

Silk Class(Nerask in Nobles' Causeway)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Piece of Vrenlar Fruit x3 Jayruk's Vest
Leggings Softened Feran Hide x3 Patorav's Amulet
Head Bar of Nashtar Berry Soap x2 Patorav's Walking Stick
Arms Spool of Balemoon Silk x2 Lenarsk's Embossed Leather Pouch
Wrist Riftseeker Trinket x2 Riftseeker Heart
Hands Kuuan Whetstone x2 Makyah's Axe
Feet Ikaav Tail x2 Muramite Cruelty Medal

Leather Class(Lenarsk in The Bloodfields)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Bazu Nail Bracelet x3 Jayruk's Vest
Leggings Discordling Hoof x3 Patorav's Amulet
Head Muramite Noble's March Award x2 Patorav's Walking Stick
Arms Spiked Discordling Colla x2 Lenarsk's Embossed Leather Pouch
Wrist Quality Feran Hide x2 Riftseeker Heart
Hands Fine Chimera Hide x2 Makyah's Axe
Feet Chimera Gut String x2 Muramite Cruelty Medal

Plate Class(Trelak in Nobles' Causeway)
部位 アイテム名 鎧の素
Chest Ceremonial Dragorn Candle x3 Jayruk's Vest
Leggings Blackened Discordling Tail x3 Patorav's Amulet
Head Kyv Food Sack x2 Patorav's Walking Stick
Arms Noc Right Hand x2 Lenarsk's Embossed Leather Pouch
Wrist Large Piece of Kuuan Ore x2 Riftseeker Heart
Hands Crystal of Yearning x2 Makyah's Axe
Feet Kyv Hunter Ring x2 Muramite Cruelty Medal


Dragons of Norrath

DoNでは特殊なスロットが付いた文化鎧とそれに装着するトレードスキルで作成する専用Augmentationが追加されました。

この文化鎧はDoN当時は注目されていませんでしたが、DoDで導入されたBazu StoneLast Bloodを加工して作られるAugmentationがtype12と文化鍛冶専用Augmentationで、それを装着することでOoWアーマーTier2を超える性能となっため需要が高まっています。


Depths of Darkhollow

DoDにはクラス専用鎧は存在していませんが、Demi-Plane of Bloodのraid mobがHP330~375くらいのPlate、Chain、Leather、Silkのアーマーを落とします。

入るために物凄く苦労するゾーンだけあって、その性能はぴか一です。



Prophecy of Ro

PoRにはTier1とTier2の2種類のアーマーが存在しています。

Tier1はHPが110~160くらいのArcstoneのクエストで貰えるアーマーで、鎧の素はArcstoneのNamedが落とします。

ちなみにBPとLegの素以外はNO TRADEじゃないのでバザーで購入することも出来ます。

部位 アイテム名
Chest Spirit Mark of Battle
Leggings Spirit Mark of Fire
Head Spirit Mark of Vision
Arms Spirit Mark of Air
Wrist Spirit Mark of Scale
Hands Spirit Mark of Earth
Feet Spirit Mark of Water


Tier2はHPが210~280くらいで、Plane of FeaerやPlane of Hateの鎧と同じシステムでTheater of Bloodのmobが落とします。


投稿者 kenji : 12:04 | コメント (3) | トラックバック

2006年5月 4日

Tributeシステム

EQJE以降に追加された新機能の一つであるTributeシステムを紹介。

Gates of Discordで追加された機能の一つで、プレイヤーからは見えない装備スロットが五つ有り、そこに特殊なEffectが付いた装備を置き、そのEffectに伴った効果をプレイヤーに与えるシステムです。

EffectにはResist上昇、HPやMana上昇、ACやATK上昇、各種Focusなど便利なものが盛りだくさんとなっています。

この機能を使うには、まず自分の生まれ故郷に居るTribute Masterに会わなくてはなりません。PoKの石を使い自分の生まれ故郷に行き、Find機能で「Tribute Master」を指定して会いに行ってください。

Tribute Masterを右クリックすると、下記ウィンドウが現れます。

左側が選択可能なEffectの一覧で、右側が選択したEffectの一覧です。

TierはEffectの重なりの上限でTierが5あるEffectは5段階まで効果を上昇させることが可能です。しかし、効果を上げればそれだけ消費するポイントも上がります。Levelは使用可能なレベル。Costは10分に1回消費されるポイント数です。

左側のリストの中から使用したいEffect名をクリックし、Upgradeボタンを押すと右側のリストに入ります。一度に使用可能なEffectは5個までなので、使用リストからEffectを外す場合は右側のリスト内の外したEffect名をクリックしてDowngradeボタンを押してください。

ちなみに、Effectの入れ替えはこのウィンドウでしか出来ないので、入れ替えを行ったりEffectを外す場合はMasterに会いに行く必要があります。

Effectを選択し終えたら、Masterにお供えをしてTributeを動かすためのポイントをもらいましょう。

どのアイテムがどれくらいのポイントなのかは、Lucyで検索してみてください。

例えば、LDoNで出るSwamp Spider MandibleはLucyで見てみると2992ポイントだということが分かります。

ちなみに、NO TRADEアイテムはお供えできません。あと、LDoNのHighで出るアイテムは高値で引き取ってもらえます。

お供えは、Tributeウィンドウを開いた状態で、バッグの中のお供えしたいアイテムをクリックすると、ウィンドウ左下の枠にアイテムのアイコンが表示されその横にポイントが表示されるので、OKならDonateボタンを押してください。

お供えを終えてポイントが貯まったらAlt+UでTributeウィンドウを開いて下さい。

Personalタグは個人用。Guildタグはギルド用の選択されているEffectの一覧で、ギルド用のTribute MasterはDoNで追加されたGuild Hallに居ます。

Time LeftがタイマーでActiveボタンを押すとEffectが有効になりタイマーが作動します。Active Costが10分間に1回消費されるポイント数です。

ちなみに、ログアウトしても効果は切れません。ログアウト前にActiveを切るのを忘れ、次回ログイン後もそのままActiveにしっぱなしでポイントを全て消費してしまうといううっかりミスが良く起こるので、ログアウトする前に効果を切るのを忘れずに。

投稿者 kenji : 09:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月 3日

Leadership Abilities

拡張パッケージGates of Discordで導入された機能に、Leadership Abilitiesという特殊なAAがありますがそれの簡単な説明です。

Leadership AAはGroupとRaidの2種類がありGroupは3人以上のグループ、Raidは18人以上のRaidを組むことで発動します。

ポイントの貯めかたはAAと同じで、Groupなら3人以上、Raidなら18人以上で組んだ後、リーダーがLキーを押してウィンドウを出し、ONボタンを押すと取得した経験値のうち20%が自動的にLeader AAの経験値へ入るようになります。

Group Abilities
名称 解説
Mark NPC NPCの名前に1~3の数字と専用のターゲットリングを付け、見分けやすくします。
NPC Health ターゲットしているNPCやマークしたNPCの名前の横にHPを%値で表示します。
Delegate Main Assist グループ内のメンバーに設定することで、その人がターゲットしたNPCの名前の前後に>><<と、専用のターゲットリングを付け見分けやすくします。
Delegate Mark NPC グループメンバーに設定することで、リーダー以外でもNPCをマークできるようになります。
Inspect Buffs グループメンバーのBuff一覧がチャットウィンドウに表示されます。
Spell Awareness NPCやプレイヤーの詠唱している呪文の名前が表示されるようになりますが、一部の特殊な呪文は表示されません。
Offense Enhancement グループメンバーのATKが上昇します。
Mana Enhancement グループメンバーのManaが上昇します。
Health Enhancement グループメンバーのHPが上昇します。
Health Regeneration グループメンバーのRegeneが上昇します。
Find Path to PC ターゲットしたグループメンバーの位置までナビゲートしてくれますが、高低差がある場所では機能しないことがあります。
Health of Target's Target ターゲットがターゲットしているPC・NPCの名前とHPバーを専用ターゲットウィンドウに表示します。


Raid Abilities
名称 解説
Mark NPC NPCの名前に1~3の数字と専用のターゲットリングを付け、見分けやすくします。
NPC Health ターゲットしているNPCやマークしたNPCの名前の横にHPを%値で表示します。
Delegate Main Assist グループ内のメンバーに設定することで、その人がターゲットしたNPCの名前の前後に>><<と、専用のターゲットリングを付け見分けやすくします。
Delegate Mark NPC グループメンバーに設定することで、リーダー以外でもNPCをマークできるようになります。
Spell Awareness NPCやプレイヤーの詠唱している呪文の名前が表示されるようになりますが、一部の特殊な呪文は表示されません。
Offense Enhancement グループメンバーのATKが上昇します。
Mana Enhancement グループメンバーのManaが上昇します。
Health Enhancement グループメンバーのHPが上昇します。
Health Regeneration グループメンバーのRegeneが上昇します。
Find Path to PC ターゲットしたグループメンバーの位置までナビゲートしてくれますが、高低差がある場所では機能しないことがあります。
Health of Target's Target ターゲットがターゲットしているPC・NPCの名前とHPバーを専用ターゲットウィンドウに表示します。

RiadリーダーがRaid Abilitiesを持っている場合はそちらが優先されますが、持っていない場合はGroup Abilitiesの方が働きます。なので、RaidのリーダーがSpell Awarenessを持っていなくても、GroupのリーダーがSpell Awarenessを持っていれば詠唱された呪文の名前を見ることが出来ます。

このAAの中で取っておくと便利なのがHealth of Target's TargetとSpell Awarenessで、この二つのAAは経験値稼ぎの時でも役に立つAAです。その他にDelegate Main Assistも乱戦の時に役に立つAAなのでRaidリーダーは取っておいた方が良いと思います。

ちなみに、HP上昇やMana上昇のAAはGroupとRaidで効果が重なるので、HoTTやSpellを取り終わったらこれらを取る事をオススメします。

投稿者 kenji : 01:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年5月 2日

Petitionの送り方

EQJEと英語版ではPetitionシステムが違うはずなので、Petitionのしかたを簡単に説明します。

まずは/petiとコマンド入力してHelpウィンドウを表示させてください。

英語版ではGMに直接Petiを送るのではなく、まずはユーザーがこれまでに行われた問題の解決方法をデータベースの中から検索することから始まります。

一番上にある入力欄「Serch Criteria」に自分が抱えている問題に当てはまるキーワードを入力して「Serch」ボタンを押してください。

上の画像は例として「stuck」を入力して検索をかけた後のHelpウィンドウで、Serch Results(検索結果)にstuckに関連した質問が表示されるので、検索結果の中から自分が置かれた状況に近いと思われるタイトルを選びダブルクリックすると詳細が表示されます。

上記の手順を踏むとウィンドウ下部にある「Create New Ticket」ボタンが押せるようになるので、このボタンを押してチケットを作成します。まずは、Topicの中から自分が抱えている問題に当てはまるものを選択してください。

続いてSubtopicの中から自分が抱えている問題に当てはまるものを選択します。TopicとSubtopicを選択し終えたら「Begin」ボタンを押してください。

テキスト入力欄に文字が入力できるようになるので、ここに英語でカスタマーサポート充ての文章を入力し「Submit」ボタンを押すと、入力した文章がカスタマーサポートに届きます。

チケットはログアウトしていても有効で、ログアウト中に問題が解決された場合は「Open Tickets」タブで表示されるページに、カスタマーサポートからの返事が表示されます。

ちなみに、/wでGMを探して直接tellをしても返事が返ってくることはまずありえませんので、面倒でも上記の手順を踏んでカスタマーサポート経由で連絡を取りましょう。

もし、英語が苦手な場合は翻訳サイトを利用してみてください。

Excite エキサイト 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

投稿者 kenji : 12:44 | コメント (3) | トラックバック

2006年5月 1日

拡張パッケージ雑感

EQJEが英語版に移住ということなので、各拡張パッケージの雑感など。

Gates of Discord

敵の強さに関係なくある特定種族からNO TRADE属性が付いた舌が出ますが、この舌はGoDの最終ゾーンのTacviで完結するクエストの材料なので、壊さずにBankにおいておくと良いことがあるかも。ちなみに完成品はこれ

GoDには舌以外にも、GoD全てのゾーンが関連した長編クエストBiC関連のアイテムが出るので、NO TRADEアイテムが出たら壊す前にBiC絡みのアイテムかどうか調べると良いかもしれません。ちなみに、BiCも最終形態にするにはTacviにたどり着くことが必要ですが、Tacviにたどり着けなくても充分な性能のAugが入手可能です。ちなみに、Augの最終形態はこんな性能です。PureMeleeHybridCasterHealer

さて、GoDのオススメなゾーンですが、はっきり言うと有りません。舌クエストやBiCクエストをするのであれば通わなくてはなりませんが、これらのクエストに興味が無い場合は、OoWを購入してレベルキャップを70まで上げ、OoWのゾーンで経験値を稼いだ方が良いと思います。

以下GoDゾーンの個人的な感想。

ゾーン 解説
Abysmal Sea GoD唯一の街ゾーン。各種生産関連の施設が揃っていてかなり便利だったが、今はPoKの設備が充実したため利用者減少。定期便は相変わらずストライキ中でNatimbiのMagusを使ってテレポートで移動。
Natimbi GoDの入り口のゾーンでDRUとWIZのGGで移動可能。Guild Lobbyや各地のLDoNキャンプに居るMagusのテレポートでNedaria's Landingに飛び、そこに居るMagusのテレポートで移動することも可能。レベル50~60向けのゾーンだが、ゾーン中央に夜間限定で現れるトカゲの女王はraid mobなので要注意。その他には注意するmobは無し。
Qinimi Natimbiから入れるGoD2番目のゾーンでLevi系の呪文が使用不可なゾーン。特にこれといって魅力的なmobは居ないので先のゾーンへの通過点になることが多いが、ukunの舌はこのゾーン中央の犬小屋でキャンプするのが良いかも。時々see invs持ちが居るので移動中は注意が必要。
Riwwi Natimbiから入れるゾーンで、ここもキャンプ向きなゾーンではなく、訪れる人はBiC絡みのアイテムキャンプをする人くらいな気がします。
Barindu Qinimiから入れるゾーンでDRUとWIZのGGでも移動可能。このゾーンにはInstanceゾーンのSewersとVxed、Tiptの入り口があります。このゾーンもキャンプをし易いとは言えないゾーンです。
Ferubi Qinimiから入れるゾーンですがQinimi経由だとFoEが消されてしまう為、PullerはFoEを貰ったらGGでBarinduへ飛び、飛んだ先にある裏口から入り、Ferubiに入ったらEvac等でQinimi側の入り口へ飛ぶのがオススメ。このゾーンには複数のraid対象mobが居て、SmithはGoDの深部へすすむためのフラグmobでもあります。※パッチで変更されたため、今でもKodに入るのにSmithフラグが必須かは不明。
Sewers Instanceゾーンで、Crematory、Lair、Plant、Poolの4種類があります。この4つをクリアすると得られるフラグとSmithフラグは同じフラグとなるので、Smithのフラグを持っている人はやる必要はあえりません。ただし、ここのNamedからしか出ないBiCアイテムがあってNamedがかなりレアなので、BiCを進めている人は通うことになるかも。
Vxed Instanceゾーンです。ある一定数のmobを殺すと山頂にNPCが現れ、キーワードを言うとフラグを得る事が出来ます。ちなみにGoDリリース当時は100匹殺すことがクリア条件でしたが、今は確か50匹に軽減されているはず。一定数のmobを殺すと特定箇所にmobが現れ、運が良いとNamedがそこに現れます。GoDのmobはmeleeが痛いので65だとバランスが良いグループじゃないと苦戦するかも。ちなみにLull系の呪文は全て無効になるのでFD PullerかENCは必須。
Tipt Instanceゾーンです。山頂を目指し一本道を進んでいくゾーンです。途中で門番を倒したりクイズが出たりなど色々と仕掛けがあるゾーンですが、山頂で待ち構えているボスはレベル65当時はマジで強敵でした。山頂までたどり着いたもののボスで壊滅なんていう話はあたりまえでしたが、レベル70ならそれほど苦戦はしないと思います。
Kod'Taz Natimbiから入れるゾーンですが入るにはフラグが必要。パッチで変更前はSmith、Vxed、Tiptの3フラグが必要でしたが、もしかしたら今はTiptクリアだけでも入れるかも。ukunタイプのmobは基本的にsee持ちなので移動の際は注意が必要。キャンプができる場所は意外と多く、Namedも豊富にいるのですがGoD mobだけあってNamedの殴りはかなり痛いです。上位spellの素となるRuneも結構でるのですが、バランスが良いグループでないと苦戦するかも。
Ikkinz Kod'Tazの中にあるInstanceゾーンです。グループ向けとRaid向けのInstanceがありRaid向けは1~4まであります。Raid Instanceを受けるにはグループ版のIkkinzをクリアする必要があり、4を受けるには誰か一人がBiCクエストの一部である長編クエストをクリアしている必要があります。ここのグループ版も65当時はバランスが良いグループ意外クリア不可能でしたが、70ならクリアできると思います。
Yxtta Kod'Tazの奥から入れるゾーンです。ここに来るにはKodの中を移動しなければならず、Kodの中で道に迷ったりsee持ちに殺されたりと最初のころは混乱すると思います。ゾーン入り口広場にクイズ会場が有りこのクイズをクリアすると扉が開き、その先のraid対象mobが居るエリアに入ることができます。
Uqua InstanceゾーンでYxttaに入り口があります。GoD黒歴史の代名詞とも言えるゾーンで、このゾーンのために解散したギルドは数知れず。兎に角最悪なゾーンで、レベル65当時にここをクリアしたギルドは真のUberギルドと呼んでよいでしょう。地図を見ると狭いゾーンでボスなんて歩いて5分の場所に居るというのに、そこまでの道のりが本当に遠いゾーンでした。レベル70ならある程度の慣れさえあればクリアできると思いますが、それでも簡単にはクリアできないでしょう。ちなみに、ここを超えれば天国が待っています。
Qvic Natimbiから入ることができるボーナスゾーンで、入るにはIkkinz4とUquaをクリアする必要が有り。初回だけはkeyにフラグを登録するためKodにある正規の入り口から入る必要があった気がしますが、keyに登録すれば次回からはNatimbiからテレポートで入れるようになります。GoDアーマーの素を出す3匹のraid mobはRespawnが約6時間なので上手く回せば一日に2回ファームすることも可能。ここで全体の装備強化を行い更なる上を目指します。
Inktu'Ta InstanceゾーンでQvicに入り口があります。楽しい仕掛けが盛りだくさんなゾーンで、ここをクリアすると最終ゾーンの一歩手前であるTxevuに入れるようになります。
Txevu Qvicに入り口があるゾーンです。Qvicにある石像をクリックすると入れるのですが、初めて入る時はフラグの石を手に持った状態でゾーンしないとkeyに登録されないので入った後はkeyのチェックが必要。このゾーンの中で3つの試練をクリアすると最終ゾーンであるTacviに入る資格を得る事ができます。GoDアーマーのLegとBPはこのゾーンで入手可能ですが、DoNドラゴンから同等かそれ以上のBPとLegが入手可能なのでファームする必要は無いかも。
Tacvi InstanceゾーンでGoDの最終ゾーン。とても狭いゾーンで通路を護衛している雑魚以外はNamedしか居ません。1匹につき3個のアイテムを落とすので短時間で装備の底上げをするのに適したゾーンですが、クラス専用アイテムも良く出るので、運が悪いと3個全てが電子の藻屑になることも。



Omens of War

レベルキャップが70に上がった拡張パッケージで、本来はGates of Discordと対になってリリースされなければならなかった拡張パッケージです。

EQ史上完成度が最も高いと思われる拡張パッケージで、最終ゾーンに居るOverlord Mata MuramはPoRがリリースされた今でも最強のボスとして君臨しています。

レベル70になるまではWall of Slaughterが経験値稼ぎの定番ゾーンになると思いますが、WoSが混んでいる時はRuined City of Dranikがオススメです。レベルが70を超えたらMuramite Proving Grounds通称MPGがオススメで、バランスが良いグループならその奥にあるRiftseekers' Sanctum通称RSSもオススメです。

ちなみに、OoWの特定タイプのmobを殺すと上昇する「Dranik Loyalists」のfactionはOoWアーマーを作るのに必要なfactionです。

DRUとWIZの2種類のGGは店売りではなくクエストで作成なのですが、アイテムは全てバザーで購入できると思います。その他のSpellは全てmobから出るRuneと交換するクエストで得られますが、69、70とAncientのRuneはNO TRADEで、66と67、68のRuneはバザーで大量に売られています。

Namedや雑魚が稀に落とすAugはトレードスキルでパワーアップすることが可能で、Spell FocusやMelee Focusをつけることも出来ますが、一度装備するとNO TRADE属性になるので要注意。

以下OoWゾーンの個人的な感想。

ゾーン 解説
Dranik's Scar PoK図書館前や各地の町にいるPriest of Discordに「wish to go」とキーワードを言うと飛んでいけるOoW最初のゾーンです。帰る場合は現地に居るPriestに「go home」と言えば帰れます。Dranik Loyalistsのfactionが上昇する弱いmobが多いので、faction上げ専用グループが暴れてる以外はあまりキャンパーが居ないゾーンです。
Nobles' Causeway Dranik's Scarから入れるゾーンです。レベル65向けのゾーンですが、時々強めのmobがうろついているので要注意。基本的にinvsで移動可能なのですがsee持ちも時々居ます。
Harbingers' Spire Dranik's Scarから入れるゾーンです。入り口付近の迷路エリアと奥のタワーエリアに分かれていて、レベル65くらいまでに丁度良いかも。
Dranik's Hollows Instanceゾーンで入り口がDranik's Scarにあります。Instanceは3種類あり作成した人のレベルによって中のmobのレベルが変わります。高レベルの人が作成したInstanceではSpellの素になるRuneを落とすNamedも出ます。
Bloodfields DRUとWIZのGGで行けるゾーンでDranik's Scarからも入れます。適正レベルは65くらいまでで意外とNamedは多めですがSpellの素になるRuneは出ません。
Wall of Slaughter DRUとWIZのGGで行けるゾーンでNobles' Causewayからも入れます。ゾーン中央の城壁で北と南に別れていて、南側は平原を歩いているmobの取り合い。北側は固定で出現するmobをキャンプする感じとなります。北と南の両方に時限式で強めのmobが出現するようになっていて、こいつらはUberな人達でないと1グループで勝つ事はかなり難しいので要注意。各NamedからはSpellの素となるRuneが高確率で出ます。
Ruined City of Dranik Bloodfieldsから入れるゾーンです。かなり大きめのゾーンでキャンプできる場所も多くSpellの素となるRuneも出ます。このゾーンにも時限式で強めのうろつきまわるmobが出現するので要注意。
Catacombs of Dranik Instanceゾーンで入り口はRuined City of Dranikです。OoW最終ゾーンに入るためのアイテムが出るゾーンで、それ以外の目的で訪れる人は少ないと思います。
Sewers of Dranik Instanceゾーンで入り口はRuined City of Dranikです。こちらもAnguishへ入るためのアイテムが出るゾーンですが、奥に出るNamedは倒すとアイテムを3個も出すのでアイテムキャンプで遊びに行っても良いかも。
Muramite Proving Grounds Wall of Slaughterから入れるゾーンで巨大な迷路になっています。キャンプ場所も豊富でNamedも大量に出て、69や70のRuneも出るので人気が高いゾーンです。奥には六つの試練を受ける場所が有り、グループ版の試練は一つクリアする毎にResist値の上限が上昇します。Raid版の試練は六つクリアするとAnguishへ入るためのフラグを得る事ができます。
Riftseekers' Sanctum Muramite Proving Groundsから入れるゾーンでレベル制限がかかっています。Kingが支配する地下エリアとQueenが支配する上層エリアに分かれていて、上層エリアのNamedはcharmやmezを使用してくるので要注意。出るアイテムは高性能な物が多く、魅力的なAugも多数でるため美味しい場所には常にキャンパーが居ます。
Anguish InstanceゾーンでOoWの最終ゾーンです。Overlord Mata Muramの玉座までの長い一本道となっているゾーンで、途中に門番のNamedが控えています。ある一定の数の雑魚を倒すと表れる雑魚Namedからは各種Augが出るボーナスゾーンでもあります。


Dragons of Norrath

LDoNパート2とも言える拡張パッケージで、各種TaskやMission、Eventをクリアすることで得られるcrystalと交換で様々なアイテムやFocus Aug、Resist Augなどを入手することができます。ちなみに、DoNはGoodとEvilの2勢力に分かれていて、crystalもGoodとEvilの2種類が存在します。

Crystalは他人に譲渡可能でバザーで売買することも出来るので、お金さえあればイベントをクリアしなくてもアイテムを得る事が可能です。

その他に、各種イベントをクリアしていくことで得られるBuffスロット上限アップなど特殊なAAがいくつか存在し、最終イベントをクリアすることで得られるAAはResist率の上昇というかなり便利なAAとなっています。

DoNの通常ゾーンはそれほど訪れる機会は少なく、ほとんどはTaskを受けた後に生成されるInstanceゾーンで遊ぶ事になるので、印象に残っているゾーンはあまりありません。

DoNのRaidはInstanceゾーンの中にはボスだけというのがほとんどで、4匹いるドラゴンは全てゾーンして即ご対面となります。先日のパッチで今までレアだったPlateのBPも出やすくなったので、BPやLegはGoDアーマーを狙うよりもDoNドラゴンをファームした方が楽かも。

以下DoNゾーンの個人的な感想。

ゾーン 解説
Broodlands Lavastormから入れるDoN最初のゾーンで、ほぼ全てのDoNゾーンと繋がっています。適正レベルは65くらいまでですが、時々強めのmobがうろついている場合もあります。
Lavaspinner's Lair LavastormやBroodlandsから入れるゾーンです。特にこれといって印象が無いゾーンで、初期のTaskで数回訪れる程度だと思います。
Stillmoon Temple Broodlandsから入れるゾーンです。適正レベルは65~70くらい?ここもあまり印象が無いゾーンですが、Taskで訪れる機会は多いと思います。
Tirranun's Delve Lavaspinner's Lairから入れるゾーンです。ここに居るraid対象のドラゴンに会う以外は、訪れる機会は無さそうなゾーンです。
Thundercrest Isles Broodlandsから入れるゾーンです。ここもTaskで訪れる以外はあまり来る事はないと思いますが、Instance版の方はDoNドラゴンとの戦いの舞台となっているので、こちらは訪れる機会が多いと思います。
The Ascent Stillmoon Templeから入れるゾーンです。ここもTask以外では来る機会が少ないゾーンです。DoNドラゴンの金と銀がここに居るので、来るとしたらこのドラゴンと戦う時でしょうか。
The Accursed Nest サーバー内で特定のドラゴンが倒されると現れるゾーンですが、既に全てのサーバーで開放されています。ここは通常ゾーンの経験値も美味しいのですが、Instance版も経験値が美味しく得られるCrystalも多いためそっちの方が人気が高いです。ちなみに、最終ボスであるドラゴンはこのゾーンのRaid Instanceに居ます。


Depths of Darkhollow

ゾーンの作りやグラフィックは綺麗なのですが、なんというか印象が薄いゾーンが多く、個人的にはGoDに続く黒歴史だと思っている拡張パッケージ。

各種SpellやDiscを得る為にTaskをこなさなければなりませんが、それとRaid以外で遊びに行ったことはほとんどなく、経験値稼ぎも他の拡張パッケージで済ませていたくらいなので、印象に残っているゾーンは少なめです。

印象に残っているゾーンは少なめですがTaskは充実していて、SV ALL+50のBuffが使えるMaskが貰えるクエストや、Time以上の性能のアイテムがTaskをクリアすればグループメンバー全員に配られる美味しいクエスト、様々なAugが貰えるクエストなど実用的なアイテムが手に入るTaskが盛りだくさんにあるので、EQJEから移って来た人はレベル70になったらDoDのTaskがオススメかも。

その他にCharmにはめ込む事が可能な、Taskをこなすと成長していくAugが貰える定番Taskもあります。

DoD Taskに関してはここを参照されたし。

それと、DoDのパッケージ版を購入すると、おまけで騎乗可能なメカ豚がもらえます。

ゾーン 解説
Corathus Creep DoDの入り口にあたるゾーン。メカGnomeが支配しているゾーンで、色々なTaskを受ける事が出来ます。適正レベルは65くらいまでですが、トレードスキルに必要な材料を得る為に高レベルの人が居ることの方が多いかも。
Undershore DRUとWIZのGGで行けるゾーンでCorathus Creepからも入れます。適正レベルは65以降?だけどキャンプしている人を見かけることは少ないかも。DRUとWIZのGG SpellはこのゾーンにるNPCから買えます。
Stoneroot Falls Undershoreから入れるゾーンです。適正レベルは65以降でキャンプ可能な場所が多く、OoW Spellと交換可能なRuneもここのmobから時々出ます。
Ruins of Illsalin Undershoreから入れるゾーンです。Raidで訪れる以外はあまり来た事が無いので印象が薄いですが、mobの痛さを考えると適正レベルはたぶん70。
The Hive Stoneroot Fallsから入れるゾーンです。mobがSummonをせず広々としたゾーンなので、WIZやDRUが経験値稼ぎをし易いゾーンです。ほとんどの人がここへはInstanceへ入る為に訪れるくらいで、普段は閑散としてる印象を持ったゾーンでもあります。
Dreadspire Keep The Hiveから入れますが入るためにはフラグが必要です。1グループでTime以上の性能のアイテムを入手可能なゾーンで、稀に出るトレードスキルに必要なアイテムはバザーで高値で取引されています。
Demi-Plane of Blood DoDの最終ゾーンでこの世界を支配しているのは伝説の吸血鬼Mayong Mistmoore。たどり着くためにはCursed Fiveと呼ばれている5体のraid mobを倒さなくてなりません。

※DoDにはこの他にもInstance専用でいくつかゾーンがありますがそれらは省略。


Prophecy of Ro

拡張パッケージの最新版で、タイトルにもなっている通りRo一族がストーリーに深く関わっている拡張です。

この拡張もInstanceを用いるTaskがメインですが、一部のRaidゾーンはInstanceではなく、旧世界のPlane of FearをイメージしたStaticなゾーンとなっています。

AAの追加はありませんが、新システムであるAura Effectが一部のクラスに追加され、プレイヤーが設置可能なTrapや破壊可能なオブジェクトなど、新しいアイデアが盛り込まれていますが例のごとくAura以外は不評です。

パッケージ版を購入するとおまけで新デザインの馬がもらえますが、この馬は既存の店売りの馬やSeru・Emp馬と合成することでスピードをアップさせることも可能です。

任意のBuffをブロックすることが出来るシステムも追加されましたが、これは非常に便利です。

ゾーン 解説
Arcstone DRUとWIZのGGで行けるゾーンでFreeportからも入ることができます。PoR版WoSのようなゾーンで、ここのNamedから出るアイテムを使ったクエストでPoRアーマーTier1がもらえ、ゾーンの適正レベルは65~70くらい。このゾーンから下に落ちるとEast Freeportに行けるのでDevastationに移動する時にショートカットとして利用することになると思います。
Ruins of Takish-Hiz Oasisから入れるゾーンです。適正レベル不明。
Elddar Forest Ruins of Takish-Hizから入れるゾーンです。基本的にnon KoSなゾーンですが、狼に変身するとNPCが襲ってくるので要注意。奥の方にはOrcや巨人が居てこれらはKoSです。
Relic Arcstoneから入れるゾーンです。3匹のドラゴンとそれを支配しているmobが居ますが、通常キャンプの邪魔にはなりません。適正レベルは70で美味しいアイテムが手に入るSolo Taskも幾つか用意されています。
The Devastation Freeportから入れるゾーンです。様々な種族が敵対しているゾーンで、NPC同士が接触すると戦闘が始まり、それを利用して敵の数を減らすことなども可能です。時々raid mobがうろついていて、時限式イベントでSleeper ver2が暴れまわる事もあるので要注意。適正レベルは70ですがFD Pullが無いとかなりきついです。
Stronghold of Rage The Devastationから入れるゾーンです。プレイヤーがNamedを倒す事でゾーンを支配している種族が変わるゾーンで、外周の通路にはraid mobが配置されています。PoRオープン当初はボーナスmobでしたが、高性能なアイテムが容易に入手出来るを阻止する為に一部のraid mobが強化されました。適正レベルは70。
Theater of Blood フラグが無いと入れないゾーンです。Plane of Fearを思い出させるゾーンで、カジュアルプレイヤーも到達可能なゾーンと開発者は語っていますが、中で生き延びる為にはかなりの重装備が必要です。このゾーンのmobはPlane of Fearのように各クラスの専用鎧を落とします。

※この他にもゾーンはありますが、まだ情報が少ないため省略。

投稿者 kenji : 12:44 | コメント (2) | トラックバック

2006年4月25日

Dual Core CPUの対応方法

EverQuestはDual CoreのCPUに対応していませんので、起動するたびにタスクマネージャーでSingle化してからゲームを起動しなくてはなりませんでしたが、Doramonさんのブログで便利なツールが紹介されていたので、Dual CPUの方は参照されたし。

PC"ほぼ"完成+EQ DualCPU対応化
http://doramon.blog17.fc2.com/blog-entry-54.html

投稿者 kenji : 12:55 | コメント (0) | トラックバック

2006年2月25日

EQ Links

EQ関連のリンク集

EQ Players(公式サイト)
├・Official Forums(公式掲示板TOP)
│├・The Town Crier(アナウンス)
│├・Developer's Corner(開発チーム)
│├・Update Notes(過去のアップデート)
│└・Tech Support(テクニカルサポート)
├・Network Status(ダウン情報)
├・Station Store(公式ショップ)
├・The Combine:Progression Timeline(The Combineの進行具合)
├・FTPサーバー(クライアントとEQIM)
└・EverQuest Subscription Process(アカウント管理)

■情報系
├・AllaKhazam's Magical Realm
├・Lucy
├・EQItems
├・everquest casters realm
├・RPG Expert
└・EverQuest Vault

■その他
├・Magelo
├・EQ Traders Corner(Trade Skill)
├・Monkly-Business(MNK)
├・The Steel Warrior(WAR)
├・The Safehouse(ROG)
├・The Ranger's Glade(RNG)
├・Druids Grove(DRU)
├・Guru of 3D(ビデオカードドライバー)
└・EQInterface(UI)

投稿者 kenji : 09:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年7月17日

特定のNPCがHumanモデルに見える場合

パッチクライアントのAdvancedボタンをクリックして、拡張パッケージのチェックマークが入っているか確認してみてください。チェックマークが外れている場合は、チェックマークを入れた後、ファイルチェックをすると正常なモデルが見えるようになると思います。

投稿者 kenji : 20:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年7月 7日

マクロなどの設定が消えた場合

ログインしてみたら、マクロやUIの配置など設定が消えていた場合、各種設定情報を保存しているiniファイルの文字コードがおかしくなっている可能性が高いです。

公式掲示板に投稿された記事によると、文字コードをANSIにしてファイルを保存すれば直るとのこと。ちなみにANSIとはアメリカ規格協会のことで、JISのアメリカ版ですね。

私が使用しているテキストエディタにはANSIは有りませんでしたが、ウィンドウズ標準搭載テキストエディタのメモ帳だとANSIが有るので、マクロが突然消えたりUIの配置が突然壊れた人は、iniファイルをメモ帳で開いて文字コードをANSIにして保存してみてください。

投稿者 kenji : 13:04 | コメント (2) | トラックバック

2005年7月 4日

Heal Potion

先日のパッチで追加されたPotionの中にはHeal Potionが含まれています。Self Onlyなので他人を回復することは出来ませんが、Instantキャストで約1700回復するので、いざという時役に立つかもしれません。

販売場所はPoK Port到着地点側の釣堀裏、錬金術系の材料を売っているNPCが居る建物の中です。

Heal系のPotionは通常のHealとジワジワHealの2種類有りますが、再使用タイマーは共通なので同時に使用することは出来ません。


Healing Potion X
回復量が1543~1750のHeal。


Elixir of Healing X
1tickあたりの回復量が635~769で5tick回復するジワジワHeal。

値段は約39platで10個まで重ねることが可能です。タイマーが設定されていて2分に1回しか使用できませんが、値段以上の効果は有ると思います。

ちなみに、このPotionが導入されたパッチで、Potion Belt(Shift+P)がゾーンを越えた場合も消えなくなったので、Heal Potionを登録しておけば1クリックで発動させることが出来ます。

投稿者 kenji : 01:42 | コメント (0) | トラックバック

Guild Hallでテレポート

拡張パッケージDragons of Norrathで追加されたGuild Hallの機能の一つにテレポートポータルが有ります。このポータルを使うにはギルドに所属している必要がありますが、誰かが1回ポータルを開けばInstanceゾーンとして生成されたGuild Hallが消滅するまでポータルは開いたままなので、集団で移動する時などとても便利です。


使い方は簡単で、画像右側に居るNPCから飛びたい場所の名前が付いた石を購入して、このNPCに渡すだけです。NPCに石を渡し終えたら画像左側に有るポータルに入ってください。飛び先確認のウィンドウが出るので、飛び先が間違いなければボタンを押すだけです。

石の値段は下記表を参照されたし。WIZ/DRUが見つからない時や、急ぎで移動する必要がある時などには便利です。

Wall of Slaughter 210
Barindu 168
Cobalt Scar 105
Twilight Sea 63
Iceclad Ocean 63
Dreadlands 42
Toxxulia Forest 32
Stonebrunt Mountains 32
Greater Faydark 32
Lavastorm Mountains 21
Northern Karana 11
West Commonlands 11

投稿者 kenji : 01:28 | コメント (0) | トラックバック

Augmentationの取り外し

Augを取り外す為のアイテムを売っているNPCは、Butcherblock Mountainsにしか居なかったので、今でもAugを交換するためにButcherblock Mountainsまで行っている人が居るかも知れませんが、実はだいぶ前のパッチでバザーにNPCが追加されています。


-追記-
Guild Hallでも絶賛発売中。

投稿者 kenji : 01:21 | コメント (2) | トラックバック

2005年7月 1日

ProcのHate増加量

PovarサーバーのShidenさんのEverQuest日記に「Proc StunのHate増加量を調べる 」が掲載されました。PrcoのHate増加量について詳しく検証されているので、Meleeクラスの方は必読。

本家サイト「EverQuest の研究」方にも、様々な検証結果が掲載されています。

投稿者 kenji : 11:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年6月30日

チャットで外字出力

キーボードでは入力できない外字を、マクロで表示する方法です。まずは、EverQuestがインストールされているフォルダの中に有るiniファイル(キャラクター名_サーバー番号.ini)を、他の場所にバックアップしてください。そして、文字コードUTF-8を編集可能なテキストエディタでiniファイルを開いてください。ちなみに、ウィンドウズ標準のメモ帳でも文字コードUTF-8で編集可能です。

続いてスタート→すべてのプログラム(P)→アクセサリ→システムツール→文字コード表で文字コード表を起動します。
文字コード表が起動すると、フォント選択がデフォルトでArialになっているとは思いますが、Arial以外でしたらArialにしてください。他のフォントを選択すると外字が増えますが、たぶんArial意外だと文字化けしてしまう可能性があります。

使いたい外字を見つけたら、その外字をクリックしてから選択(S)を押してコピー(C)。そして、iniファイル上にあるその外字を表示させたいマクロ部分にCtrl+Vで貼り付けてください。マクロの編集が終わったら、文字コードUTF-8でファイルを保存してください。文字コードを指定せずに保存するとデフォルトのShift_JISで保存されてしまうので、名前をつけて保存(A)で文字コードをUTF-8に指定しなおしてから保存すると確実です。

※Windows2000や98では、外字が文字化けすることがあります。
※一部の外字はゲーム上で表示されない場合があります。

投稿者 kenji : 16:57 | コメント (0) | トラックバック

2005年6月26日

色付きチャット文字

チャットウィンドウに表示する文字を、アイテムリンクと同じ文字色にする方法。


  1. ゲーム内でベースとなるマクロを作成する。
  2. EQがインストールされているフォルダの中に有る「キャラ名_サーバー名.ini」ファイルを、テキストエディタで開く。
  3. iniファイルの中に有る、ゲーム内で作成したベースマクロを探してください。
  4. 下記の例文をコピーして「文字」の部分を色を変更した文字に変更し、文字コードをUTF-8に指定してiniファイルを上書き保存してください。

※リンク部分の先頭の文字が切れちゃう場合は、「文字」の前に半角スペースを6個くらい入れると直ります。

投稿者 kenji : 18:22 | コメント (2) | トラックバック

Advanced Abilities起動番号

マクロに下記コマンドを登録する。

/alt activate 番号

No. Name Class
331 Origin All
372 Tireless Sprint Ber
373 Desperation Ber
374 Untamed Rage Ber
387 Blood Pact Ber
465 Savage Spirit Ber
499 Cascading Rage Ber
505 Cry of Battle Ber
199 Boastful Bellow Brd
212 Fading Memories Brd
241 Exultant Bellowing Brd
357 Fortified Bellowing Brd
359 Dance of Blades Brd
361 Shield of Notes Brd
544 Song of Stone Brd
553 Cacophony Brd
126 Hobble of Spirits Bst
127 Frenzy of Spirit Bst
128 Paragon of Spirit Bst
245 Bestial Alignment Bst
247 Feral Swipe Bst
362 Roar of Thunder Bst
365 Perfection of Spirit Bst
556 Fetter of Spirits Bst
36 Divine Resurrection Clr
38 Celestial Regeneration Clr
39 Bestow Divine Aura Clr
558 Turn Undead Clr
41 Purify Soul Clr
169 Divine Arbitration Clr
178 Celestial Renewal Clr
254 Divine Avatar Clr
255 Exquisite Benediction Clr
391 Celestial Hammer Clr
392 Divine Retribution Clr
394 Celestial Rejuvenation Clr
395 Fervent Benediction Clr
396 Sanctuary Clr
489 Wrack Undead Clr
490 Eradicate Undead Clr
506 Ward of Purity Clr
517 Greater Avatar Clr
170 Wrath of the Wild Dru
185 Spirit of the Wood Dru
257 Nature's Boon Dru
317 Dire Charm Dru
403 Boon of the Forest Dru
407 Spirit of the Grove Dru
519 Convergence of Spirits Dru
520 Nature's Guardian Dru
46 Dire Charm Enc
57 Gather Mana Enc
173 Eldritch Rune Enc
217 Project Illusion Enc
261 Doppelganger Enc
409 Stasis Enc
412 Color Shock Enc
413 Mind Over Matter Enc
414 Soothing Words Enc
501 Rune of Shadows Enc
521 Edict of Command Enc
60 Frenzied Burnout Mag
62 Elemental Form: Water Mag
63 Elemental Form: Earth Mag
64 Elemental Form: Air Mag
559 Turn Summoned Mag
174 Servant of Ro Mag
207 Host of the Elements Mag
265 Shared Health Mag
415 Elemental Swarm Mag
416 Heart of Flames Mag
464 Heart of Vapor Mag
417 Heart of Ice Mag
463 Heart of Stone Mag
507 Wrack Summoned Mag
508 Eradicate Summoned Mag
523 Guardian of Ro Mag
98 Purify Body Mnk
276 Destructive Force Mnk
420 Imitate Death Mnk
68 Life Burn Nec
69 Dead Mesmerization Nec
70 Fearstorm Nec
71 Flesh to Bone Nec
72 Call to Corpse Nec
175 Wake the Dead Nec
318 Dire Charm Nec
320 Swarm of Decay Nec
430 Army of the Dead Nec
524 Blood Magic Nec
460 Furious Rage None
73 Divine Stun Pal
76 Act of Valor Pal
77 Holy Steed Pal
180 Hand of Piety Pal
244 Pious Supplication Pal
285 Radiant Cure Pal
286 Purification Pal
431 Celestial Stun Pal
432 Hand of Devotion Pal
529 Cloak of Light Pal
184 Guardian of the Forest Rng
219 Entrap Rng
289 Flaming Arrows Rng
290 Frost Arrows Rng
459 Guardian of the Glade Rng
462 Auspice of the Hunter Rng
557 Trick Shot Rng
102 Escape Rog
107 Purge Poison Rog
513 Stealthy Getaway Rog
536 Appraisal Rog
85 Unholy Steed Shd
86 Improved Harm Touch Shd
87 Leech Touch Shd
531 Cloak of Shadows Shd
47 Cannibalization Shm
50 Rabid Bear Shm
171 Virulent Paralysis Shm
177 Spirit Call Shm
321 Call of the Ancients Shm
446 Spiritual Channeling Shm
447 Ancestral Aid Shm
458 Boon of the Ancients Shm
527 Greater Rabid Bear Shm
528 Ancestral Guard Shm
110 Area Taunt War
111 Warcry War
300 Warlord's Tenacity War
448 Resolute Defiance 1 War
449 Press the Attack War
552 Call of Challenge War
52 Improved Familiar Wiz
53 Nexus Gate Wiz
117 Strong Root Wiz
172 Harvest of Druzzil Wiz
179 Allegiant Familiar Wiz
208 Call of Xuzl Wiz
226 Mana Burn Wiz
246 Wrath of Xuzl Wiz
303 Ro's Flaming Familiar Wiz
304 E'ci's Icy Familiar Wiz
305 Druzzil's Mystical Familiar Wiz
307 Ward of Destruction Wiz
308 Frenzied Devastation Wiz
451 Mind Crash Wiz
452 Prolonged Destruction Wiz
453 Ro's Greater Familiar Wiz
454 E'ci's Greater Familiar Wiz
455 Druzzi's Greater Familiar Wiz
456 Teleport Bind Wiz
457 Devoted Familiar Wiz
512 Translocational Anchor Wiz
514 Pyromancy Wiz
518 Shared Camouflage Dru Rng
153 Radiant Cure Clr Dru Shm
390 Resplendent Cure Clr Dru Shm
37 Innate Invis to Undead Clr Nec
494 Silent Casting Clr Dru Shm Nec Wiz Mag Enc
500 Silent Casting Clr Dru Shm Nec Wiz Mag Enc
35 Mass Group Buff Clr Pal Rng Dru Shm Nec Mag Enc Bst
404 Call of the Wild Dru Shm
43 Exodus Dru Wiz
405 Secondary Recall Dru Wiz
58 Mend Companion Nec Mag Bst
418 Replenish Companion Nec Mag Bst
80 Innate Camouflage Rng Dru
428 Death Peace Shd Nec
176 Suspended Minion Shd Shm Nec Mag Enc Bst
109 Rampage War Ber

投稿者 kenji : 08:47 | コメント (0) | トラックバック