« ネジ集め | メイン | 「睦月」改二くる? »

2015年3月15日

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン VII」読了

電撃文庫の中だと異色の戦記ものというか、このレーベルの他の作品に比べると売れてないんだろうな~と思いつつ読み続けている「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン VII」を読了。

この7巻でクーデーターは終結し物語は一旦〆られて次の8巻から新展開となるそうですが、そういう結末も有るだろうとは思っていたけど、人によっては受け入れられないだろうな~と思える衝撃の展開があり、それは読んでからのお楽しみ。

しかしこの厚さはどう考えても2冊分くらいあるけど、上下巻に分割せずに1冊でだしたところに作者の気合を感じられます。

とりあえず銀英伝や皇国の守護者あたりが好きな人は、手軽に読める戦記ものなので未読の方にはオススメです。


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン VII

著:宇野朴人
絵:竜徹

投稿者 kenji : 2015年3月15日 06:57


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/5232

コメント

コメントしてください




保存しますか?