« 「春雨」改二 | メイン | 5-5終了 »

2014年8月24日

「とある飛空士への誓約 6」読了

Amazonでポチっていたので発売日には届いていたけど、同時に届いた「ワールド・カスタマイズ・クリエーター 3」を先に読んでいたため積んでいた「とある飛空士への誓約 6」を読了。

5巻のラストで意外な人物が登場したりと物語の結末に向けて盛り上がってきた「誓約」ですが、6巻の後半では敵同士となった清顕とイリアの一騎打ちが行われ、意外な結末が訪れて7巻へ続くと。

話の流れからして恐らくあと1~2巻で終わるとは思うけど、先が読めない展開というか毎巻読了するたびに「続きが読みてぇ~」となる終わり方で7巻が楽しみです。

清顕の搭乗機となった斑鳩ですが設定からして震電そのもので、このシリーズは水上機とかもよく登場するので、提督さんが読んでも楽しめるというか、提督さんになって水上機や艦載機に興味を持った人にはこのシリーズマジでオススメです。

というかなんでアニメはああなってしまったのか・・・今なら提督さんがこれだけ居るので「追憶」をリメイクして「夜想曲」をやれば凄い盛り上がるだろうに凄く勿体無いです。


とある飛空士への誓約 6

著:犬村小六
絵:森沢晴行

投稿者 kenji : 2014年8月24日 20:18


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/5019

コメント

コメントしてください




保存しますか?