« アジアで広がる嫌韓の輪 | メイン | ネタの宝庫だ »

2011年9月19日

相変わらずだな~

韓国のアキヒロ君が力を入れ、資源外交の最初の成果として報じられていたイラク北部クルド地区の原油開発事業が、大失敗となる可能性が高い事が明らかになった模様。

かの国では『取らぬ狸の皮算用』で行動することが多く、後先考えずに成果のみを追求することがよく有り、今回の事例も間違いなくこれが原因みたいですね。

しかしまあ、福島の原発事故で安全対策への要求が物凄く高まりコスト急上昇間違い無しで、建てるのが東芝+WHでも日立+GEでも三菱重工+アレバでもなく韓国の会社というUAEの原発に比べればこんな損失大したことはないので気にするなと。

それにしてもクルド側と直接交渉していたということはイラク側への印象は滅茶苦茶悪くなったわけですが、イラクとも仲が悪くなりプロジェクトも失敗と、これは噂のKの国の法則が働いているとしか思えないな。

油田開発:夢と消えた19億バレルの原油(上)クルド地区での油田開発に失敗
http://www.chosunonline.com/news/20110916000048

油田開発:夢と消えた19億バレルの原油(下)クルド地区での油田開発に失敗
http://www.chosunonline.com/news/20110916000049

投稿者 kenji : 2011年9月19日 08:45


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3479

コメント

コメントしてください




保存しますか?