« なんという嫌がらせ | メイン | リモートデスクトップユーザーはご用心 »

2011年9月 7日

駐日米大使は右翼ニダ

様々な機密情報を暴露することで有名なウィキリークスですが、2006年にトーマス・シーファー駐日米国大使が韓国の竹島に関する行動を「非合理的(irrational)に行動している」「米国は韓国が狂った行動(do something crazy)をしたり重大な問題を引き起こしたりしないか憂慮している」と、懸念していた事を明らかにした模様。

かの国の人達は日本に対しては何をしてもOKと思い込んでいて、特に日本海や竹島に関しては頭に血がのぼり、国を挙げて想像の斜め上の行動をすることが多いと思っていたら、やはり米国も同様の思いだったのですね。

駐日米大使「韓国が独島関連で狂った行動をしないか心配」...ウィキリークス
http://japanese.joins.com/article/537/143537.html

投稿者 kenji : 2011年9月 7日 06:16


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3464

コメント

まだ日記(?)やってる!えらい!

投稿者 neruko : 2011年9月 7日 21:49

やってるよw

投稿者 kenji : 2011年9月 8日 18:14

コメントしてください




保存しますか?