« 電車に乗るのも命がけ? | メイン | かの国がアップを始めました »

2011年7月31日

毎度おなじみの国旗焼き

韓国ではデモが日常茶飯事に行われていて、デモの対象が外国だった場合はその国の国旗を焼いたり裂いたりされていますが、日本大使館前で行われた自民党議員の鬱陵島視察に対するデモでも大量の日の丸が焼かれたみたいです。

以下東亜板から転載。

記事に掲載された写真を見てみると、迷彩服に身を包んだ人達が日の丸を焼いたり土足で踏みにじったりしていて、韓国をよく知らない人達が見ると「あっちの右翼っぽい人達が暴走しているんだな~」といった感じに見えますが、日の丸を焼いたり踏みにじったりするのはこういう人達だけではなく、日の丸を踏みにじっている写真の中でも有名なのが日韓友情年の2005年の写真で、ちょうどくっくりさんのエントリーにその写真が載っていますね。

ちなみにこの日の丸を踏みにじっている背広の人達はあちらの国の議員さんで、一般常識が通用する国なら議員が他国の国旗を踏みにじるなんて事をしたら大問題となるのでしょうが、かの国では星条旗やコーランも焼いたりしているので、憎き日本の国旗なんて踏みにじって当然と思っているのでしょう。

【日韓】 日本大使館前で鳴り響いた「パガヤロ(ばかやろう)日本」~保守団体「沈め小国日本」日本沈没パフォーマンス[07/30]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1311996975/

ぼやきくっくり 自民議員の鬱陵島視察を韓国が阻止の構え(付:フジの韓流がひどい件)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1038.html

投稿者 kenji : 2011年7月31日 09:01


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/3413

コメント

コメントしてください




保存しますか?