« 無能内閣 | メイン | 「そんな事は言ってない」ktkr »

2010年8月25日

漂白剤で洗浄して販売か?

江蘇省南京市で、レストランや家庭でザリガニを食べた複数の市民の筋肉が溶解するという事件が発生しましたが、シュウ酸をザリガニの洗浄に使用していたのが原因ではないかと見られている模様。

シュウ酸とは漂白剤に使われる酸で、日本で言うならトイレハイターでザリガニの泥を洗ってそのまま販売するって事ですかね。

中国では排水溝の油が混じった汚水から油を抽出して作る油や、食用に使用できない汚染された工業用の塩を食用として売ったりなど、常識が通用しない社会だとは知っていましたが、まさか水産物を漂白剤で洗浄して売るとは、これは想像の斜め上を行き過ぎでしょ。

ザリガニ「洗い粉」は工業用強酸か、各地に波紋広がる―中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0824&f=national_0824_060.shtml

「洗い粉」のせい?ザリガニを食べて筋肉が溶ける市民が続出―南京
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0823&f=national_0823_062.shtml

投稿者 kenji : 2010年8月25日 06:35


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/2841

コメント

コメントしてください




保存しますか?