« 流石コリア88 | メイン | 売国だけはブレません »

2010年7月28日

口だけ内閣

菅首相が27日夜に稲盛内閣特別顧問と都内のホテルで会食し、「国民が夢と希望を持てるように政権運営したい。一生懸命頑張る」と意気込みを語った模様。

しかしそんな意気込みを語った同日の午前中に、1971年から毎年行われている北方領土に関する中学生の表敬訪問のために首相官邸を訪れた北方領土の元島民の孫ら中学生7人とは面会せず、首相の代わりに仙谷官房長官が対応したとのこと。

ちなみに、今まで首相が対応しなかったのは海部内閣組閣日と重なった89年、イラクのクウェート侵攻直後の90年、安倍首相が参院選で全国遊説に出ていた07年の3回だけで、27日は来客もほとんど無く、中学生の訪問時には執務室にいたのに合わないのってこの人が初めてっぽいですが、表敬訪問のため訪れた中学生に絶望を与えた同日に「国民が夢と希望を持てるように政権運営したい」とは本当に口だけっぽいですね。

「国民に夢と希望与える」首相、稲盛氏に意気込み
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100728/plc1007280005000-n1.htm

菅首相、北方領土元島民の孫らに会わず
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100727-OYT1T00895.htm

首相動静―7月27日
http://www.asahi.com/politics/update/0727/TKY201007270432.html

投稿者 kenji : 2010年7月28日 06:31


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/2784

コメント

コメントしてください




保存しますか?