« 「ドリフターズ」1巻は7/7に延期っぽい | メイン | ラノベ発売日一覧更新 »

2010年7月 3日

20人に1人が生活保護って

帰化した残留孤児とみられる中国人姉妹の介護目的で、姉妹が日本に呼び寄せた親族48人のうち32人が生活保護を受給していた問題が注目されていますが、入国管理局が再調査を決めた模様。

調査結果によっては在留許可の取り消しもあるそうですが、今回のケースなんて氷山の一角なのでしょうね。

生活保護の受給者は大阪市だけでも14万人でそのうちの1万人が外国人と、市民の20人に1人が生活保護を受給しているというとんでもない事態となっているみたいですが、どうせ税金から支払われるんだし業績や景気に関係なくボーナスも出るんだから、窓口で下手にごねられるのも面倒だからと役所はいい加減な審査を行っているんじゃないかと疑ってしまいます。

【主張】大量生活保護申請 食い物にされている日本
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100703/wlf1007030317000-n1.htm

投稿者 kenji : 2010年7月 3日 09:20


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/2727

コメント

コメントしてください




保存しますか?