« 水銀入りって… | メイン | 週末ダイジェスト »

2006年11月19日

日中首脳会談で靖国問題はスルー

日本の首相が靖国神社に参拝すると「日本はアジアから孤立してしまう」と一部全国紙が大騒ぎしていましたが、ハノイで開かれた日中首脳会談で中国側は首相の靖国参拝に関してまったく触れなかった模様。

今回の首脳会談で中国側が靖国という外交カードをにまったく使わなかったのは、靖国の外交カードとしての効力が薄れたことの表れですが、あれだけ大騒ぎしていた一部全国紙はこのことをちゃんと読者に伝えるのでしょうかね?

ちなみに、空気を読めないノムヒョン大統領は日韓首脳会議で核問題や拉致問題に関してほとんど触れず、何時もの歴史認識をまたもや延々と語り、遠まわしに靖国参拝を批判したそうです。

「靖国」中国の政治利用を立証 日中首脳会談
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/28263

投稿者 kenji : 2006年11月19日 17:12


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1411

コメント

コメントしてください




保存しますか?