« Dual Core CPUの対応方法 | メイン | アジアで反日国家は中韓だけ »

2006年4月25日

もう駄目ぽ

日韓の次官級会談が玉虫色の決着となった時からこうなるだろうと思っていましたが、ノムヒョン大統領の特別談話が終わった直後の記者会見で、大統領府の高官関係者が海底地名問題に関して「政府は準備ができ次第、現実的に可能な限り最も早い時期に海底地名変更を推進する」と語った模様。

自分達は先に海洋調査をしていたというのに日本政府が海洋調査を行おうとすると猛烈に抗議を行い、韓国政府が7月に計画している海洋調査に対して日本政府が抗議をすると「韓国の排他的経済水域内の調査で、日本とは直接関係がない」と知らん顔。そして、韓国政府が出資している研究機関が、竹島周海域の動植物や魚類など生態系や海底の地質などの調査を5月始めに着手する計画を明らかにするなど、あの国が小中華思想の自己中心主義な国だということがとてもよく分かります。

そんな韓国の実態を受けてよく知っている島根県が25日に水産試験船「島根丸」を出航させ、一時延期していた日韓暫定水域などでの海洋観測調査を再開することを発表しましたが、圧力がかかったのか委託元の水産庁から「諸般の事情により、今後、最も適切な時期に実施することが適切と考えており、その時期については、改めて関係県に連絡したい」との連絡があり突然中止に。

圧力をかけたのが何処だか分かりませんが、こんなヘナチョコ外交ばかりしていては相手が調子に乗るだけですよ?

海底地名変更、準備整えば最大限早い時期に
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?NEws_id=012006042506800

竹島周辺の生態系・地質調査へ=韓国政府系機関、来月初めにも着手
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=060425125122X481&genre=int

韓国が新たな海洋調査を計画
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/04/25/d20060425000013.html

竹島周辺 県が海洋調査再開決定
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news002.htm

水産技術センターが実施する海洋観測について
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/press.asp?pub_year=2006&pub_month=4&pub_day=25&press_cd=B18D6392-5968-40C6-860F-730F50770E36

投稿者 kenji : 2006年4月25日 19:57


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1096

コメント

コメントしてください




保存しますか?