« 今日も出ず | メイン | どう見ても国際的な紛争地域です »

2006年4月14日

海上保安庁の秘密兵器がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

不審船を相手にすることを前提に開発された、海上保安庁の高速高機能大型巡視船の引き渡し式が行われた模様。

それにしても、遠距離射撃も可能な高精度な40ミリ機関砲を搭載とは、北朝鮮の工作船を相手にする事を前提にしているとしか思えない兵装です。

ちなみに、戦車の装甲を軽く撃ち抜く米軍の爆撃機A-10 Thunderbolt IIが積んでいるのが30ミリのガトリング砲なのですが、それよりも口径が大きい40ミリってどれくらいの破壊力があるんでしょうね。

高速巡視船「でわ」、秋田海保へ/不審船に対応
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20060413c

投稿者 kenji : 2006年4月14日 19:03


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kensbar.net/mt/mt-tb.cgi/1072

コメント

軍艦や戦車には効果は無いと思われます。
A-10の30ミリ機砲は、戦車の上面装甲が薄いということを狙った武器ですから。

対工作船だとベラボーに強いでしょうw

投稿者 うぼ : 2006年4月15日 19:41

なるほど、A-10のは上面装甲を撃ち抜く武器だったのか。
けど、工作船相手にこんなの撃ったら間違いなく沈没するでしょうね。

投稿者 kenji : 2006年4月16日 09:29

コメントしてください




保存しますか?